廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録

その258:健康ランドカサマ遊楽園ジャブ

 

 

*基本データ

 

場所:茨城県笠間市笠間484-9

行った日:2020/01/11

廃墟になった日:不明

詳しく:国道51号沿いに位置する健康ランド跡地。

 


*評価

 

怖さ:★★☆☆☆

廃れさ:★★★★☆

見つけやすさ:★★★★☆

 

 

*あれこれ

 

茨城県にはロッコ(国道6号)やワンツーファイブ(国道125号)などの道路が張っています。車社会なのでこんなふうに呼び名がついているのでしょうか。少なくともかつて勤めていた水戸市の会社の茨城育ちの先輩はそう読んでいました。(cf.ロッコク→その158:本城建築事務所跡 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20200125211115j:image

 

そのひとつとして国道51号というものがあります。千葉県は銚子のほうから神栖、鹿嶋と鹿行地域――ろっこう、と読みます。この地域には難読地名が多いです。行方、潮来など――を通り水戸まで伸びるロングロードです。


f:id:hiyapa:20200125211129j:image

 

水戸市は常澄(つねずみ)のあたりにも、この51号線沿いには大きな廃墟があります。(cf.■ - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20200125211204j:image

 

ちなみにこちらは1年ちょっと前その134:平安閣 - 廃墟ガールの廃ログあたりで1度笠間を訪れた際に看板だけ見かけ、そのままレンタカーは水戸駅に吸い込まれ、看板はそのまま小さくなってゆきました。


f:id:hiyapa:20200125211207j:image

 

今回はというと、恐怖の笠間緒川線(その257:住居跡【常陸太田市】 - 廃墟ガールの廃ログ)を抜けてやっと文明にあやかれた廃墟ガールとお供の旭ちゃん、運転疲れ(主に気疲れ)のためどこかで休みたいと思ったのと、渋滞でちょうどこの近くで車が詰まったのとのため、接近することが叶いました。


f:id:hiyapa:20200125211148j:image

 

ゲートはこちらです。ここから入るのでしょうか。


f:id:hiyapa:20200125211151j:image

 

なぜ疑問形だったかといいますと、このゲートに準じてみるならば、完全にその直線上は一般住宅なのです。現役だった頃はこのお宅もなかったのでしょうか。でも、すぐ脇は水路でした。水路も住宅もなく、道だったのでしょうか。こんな大通りのすぐ隣で、もう一本、しかも斜めに不自然な形で、ここに入るためだけに道があったのでしょうか。想像しても分かりませんでした。


f:id:hiyapa:20200125211145j:image


f:id:hiyapa:20200125211214j:image

 

チクチクした枯れ草がたくさん生えていました。


f:id:hiyapa:20200125211127j:image

 

ゲート反対側からの眺めです。場末感がすごいです。
f:id:hiyapa:20200125211119j:image

 

お隣は元気に営業していらっしゃいます。この特殊なデザインのポールからアングルによってはちょうどお店の看板がすっぽり覗きます。


f:id:hiyapa:20200125211136j:image


f:id:hiyapa:20200125211053j:image

 

オフィスビルのようなガラス具合です。ランドマークである看板が反射し、良い雰囲気でした。


f:id:hiyapa:20200125211132j:image

 

骨組みでできたスペースがあったのでなにかしらの儀式をしている体として撮ってもらいました。あらかた「もう少し日が落ちるのが遅くなりますように」とか「きょう慣れないホテルで眠れますよう」とか「お金ほしい」とか、そんなでしょう。(cf.骨組み→その127:なにかの枠組み【スカイレストニュー室戸を目指して】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20200125211058j:image


f:id:hiyapa:20200125211222j:image

 

入口です。裏口かのような煩雑さを伴っています。自動ドアのラインがお洒落でその205:店舗跡×2【クイーンシャトー近く】 - 廃墟ガールの廃ログその225:第三台場跡地【台場公園】 - 廃墟ガールの廃ログを彷彿とさせます。


f:id:hiyapa:20200125211140j:image


f:id:hiyapa:20200125211109j:image

 

お隣には職員用兼非常用か螺旋階段がぴったりと寄り添っています。


f:id:hiyapa:20200125211210j:image


f:id:hiyapa:20200125211201j:image

 

螺旋の端の向こうに準備中定休日の文字です。なにかお風呂ごとの案内板にかぽっとそのままはめて、いまの状態をみんなに知らせるために使われていたのかなとぼんやり予想しました。


f:id:hiyapa:20200125211122j:image

 

周りはの黒い縁、も見えます。


f:id:hiyapa:20200125211158j:image

 

ここが廃墟であろうとなかろうと美しい機構です。子供の頃は螺旋階段のあるアパートに住むのが夢でした。


f:id:hiyapa:20200125211155j:image

 

別角度です。恥ずかしがり屋なのか、そっぽを向いたかつての自動販売機がありました。(cf.バトロワ自販機→その22:分田煙草店+α【中野ブロードウェイ】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20200125211104j:image


f:id:hiyapa:20200125211112j:image

 

水戸寄りぎりぎり笠間のここも、大洗寄り水戸のラドン温泉と同様、きっとみなさんの憩いの場、リフレッシュの場となっていたと予想されます。当時を想像してみたらやはり儀式の真似事は真似事、日も真冬通りの落ちっぷりで黄昏時が始まりました。夕焼けの欠片、佇む看板、空を吸収するガラス、なにも縁のないところであっても、ノスタルジィです。


f:id:hiyapa:20200125211218j:image

 

 

*廃墟残

 

残りストック:3

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20200125094527j:image

 

突然ですがときところかわってサブカルの街下北沢の駅で見かけたデザインが遊び心満載すぎて素晴らしかったのでここにも置いておきます。待ち合わせ中の男の人は駅構外の向こうの柱に描かれていることによって、ほんとうに待ち合わせした気分になれる距離感です。神楽坂のリボンくらい、詳細が気になります。(cf.神楽坂リボン→その197:【板橋区】廃アパート【お知らせがあります】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20200125094533j:image

キーマ、バタ


f:id:hiyapa:20200125094537j:image

ラテアートの事後

 

廃墟ガールは年甲斐もなく古着が大好きなので、下北沢や高円寺や吉祥寺の石油に浸かった衣服とエスニックなお香混じった香りが意外と嫌いではありません。

その257:住居跡【常陸太田市】

 

 

*基本データ

 

場所:茨城県常陸太田市入本郷(いりほんごう)

行った日:2020/01/11

廃墟になった日:不明

詳しく:

f:id:hiyapa:20200121231656p:image

このへん

 


*評価

 

怖さ:★★★☆☆

廃れさ:★★★★★

見つけやすさ:★★★☆☆

 

 

*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20200121201436j:image

 

前回(その256:旧八里郵便局 - 廃墟ガールの廃ログ)から我らが茨城に来ております。常陸太田をぐんぐんドライブです。天気は曇り時々晴れ、廃墟日和です。たどり着きました。


f:id:hiyapa:20200121201447j:image

 

穴、斜め、剥がれ、浮き、これは、奇跡の配置です。(cf.奇跡の配置→その92:住居跡&店舗跡【水戸市】 - 廃墟ガールの廃ログその185:忠治庵【群馬県太田市】 - 廃墟ガールの廃ログその192:中国オニマル/にちはら天文台【詰込山口3/7】 - 廃墟ガールの廃ログなど、次見たら確実に違った姿であろう刹那を保った危うい物件を指す)


f:id:hiyapa:20200121201546j:image

 

これが寝起きし、飲み食べをし、暮らしていた場所なのですから、時の流れというのは美しくも怖いものです。


f:id:hiyapa:20200121201543j:image


f:id:hiyapa:20200121201539j:image

 

木造2階建て、というやつでしょうか。古い家って窓が大きいです。かくいう廃墟ガールも築50年近い実家に住んでいますが、部屋は基本2面採光、この「面」というのはその面「全部」という意味で、実家を出て賃貸に住んだ時は窓が小さくものが置けることに感動したものです。そんなことはどうでも良いですね。


f:id:hiyapa:20200121201535j:image

 

お馴染みの赤ポストが構えておいでです。(cf.天文台ポスト→その192:中国オニマル/にちはら天文台【詰込山口3/7】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20200121201621j:image

 

この写真では、これが玄関とはまったく見えず、倉庫か離れかに見えます。どこを切り取っても、諸行無常の欠片だらけで、堪りません。


f:id:hiyapa:20200121201523j:image

 

裏にまわりました。屋根が床へ迫ってきています。線はぐにゃぐにゃです。竿や容器なども増えてきました。


f:id:hiyapa:20200121201507j:image

 

いかだを造ろうとしています。これでは向こう岸へ渡りきれないうちに沈んでしまいます。


f:id:hiyapa:20200121201528j:image


f:id:hiyapa:20200121201443j:image

 

同行者であるお友達、旭ちゃんが気が付きました。家の中が見えるのです。開いているのです。というか自然の摂理によって開いてしまった、が正しいのでしょう。


f:id:hiyapa:20200121201455j:image

 

中には入れませんので、拡大してみます。真ん中を横切るのは蜘蛛の巣のガイドラインです。円形の洗濯物干しに袋が干されています。その後ろは冷蔵庫でしょうか。

 

f:id:hiyapa:20200121201439j:image

 

おそらくここは台所なのでしょう。左のほうにはガスコンロの台や食器のようなものも確認できます。


f:id:hiyapa:20200121201532j:image

 

瓦礫にまみれてが見えます。ポストといい、赤が差し色の物件のようです。これはレトロな花柄のデザインのポットでしょうか。ホーロー鍋やコップなど、今でもレトロ調にあえてデザインされているものがあるくらい、根強い人気のテイストかと思います。


f:id:hiyapa:20200121201450j:image

 

ポスタの色褪せ具合からするに、貼られたのはそう古くはない様子です。この四角が1番、直線でできているかもしれません。


f:id:hiyapa:20200121201519j:image


f:id:hiyapa:20200121201511j:image

 

美しい眺めです。ごちそうさまでございました。

 

 

*廃墟残

 

残りストック:4

 

 

*恐怖の笠間緒川線

 

f:id:hiyapa:20200120231257p:image

 

笠間緒川線(かさまおがわ)は県道39号線の別名です。常陸太田市から城里町(しろさと)を通って笠間市を結びます。城里は城里でも七会(ななえ)のほう、つまりです。前回の八里(やさと)小学校とまではいきませんが、七会小学校もひと学年全学年1桁の学校です。


f:id:hiyapa:20200120231241j:image

 

このような道路です。縮尺は狂っていません。


f:id:hiyapa:20200120231303p:image

 

次の現場(廃墟)へはここを抜けていきます。


f:id:hiyapa:20200120231252p:image

 

小刻みに揺れています。肘を固定しないで利き手じゃないほうで目をつむって描いたのでしょうね。


f:id:hiyapa:20200120231249p:image

 

「く」もございます。


f:id:hiyapa:20200120231300j:image

 

助手席にいた旭ちゃんが撮っておいてくれました。この写真1枚にこの道路の恐ろしさがすべて詰まっています。


f:id:hiyapa:20200120231246j:image

 

①車幅に対して物足りない舗装幅

②なぎ倒れる大木

③なぎ倒れるデリニエータ

④あそび(土部分)が消える橋

⑤うねうね

⑥え? 一通じゃないんすか?

 

大きな道路とぶつかるまでの約5キロ、地獄のドライブでした。無事故で乗り切りました。なぜこんな道を通ることになったのかてんで分からず2人してずっと大爆笑しておりました。運転には気をつけましょう。(cf.運転危ない→その40:パールセンター跡地【三ヶ根山スカイライン前編】 - 廃墟ガールの廃ログその127:なにかの枠組み【スカイレストニュー室戸を目指して】 - 廃墟ガールの廃ログその194:店舗跡/元乃隅稲荷【詰込山口5/7】 - 廃墟ガールの廃ログ)

その256:旧八里郵便局

 

 

*基本データ

 

場所:茨城県常陸太田市油河内79(ひたちおおたしゆごうと)

行った日:2020/01/11

廃墟になった日:1991年頃

詳しく:明治か大正に建てられ、移転のため廃業。隣に現・八里郵便局あり。

 


*評価

 

怖さ:★★★☆☆

廃れさ:★★★☆☆

見つけやすさ:★★★☆☆

 

 

*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20200118190248j:image

 

梅の花が有名な県といえば茨城県です。県庁所在地の水戸市にある水戸駅の歩道橋はこんなかわいらしい技があります。何度か書いていますので、ほかの記事を読んでくださっている方がもしいらっしゃいましたらアレですが、廃墟ガールはかつて水戸市に住んでいました

(cf.この近く→その4:県営釜神町アパート跡 - 廃墟ガールの廃ログその94:【お待たせしました】クイーンシャトー【元住居から徒歩3分】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20200118190146j:image

 

それで、空き家かどうかを見極める職人として東奔西走していたわけですが(していません)、その時の職人仲間の旭ちゃんと、半年ぶりに茨城におりたちました。なんと今回は車があります。水戸市以外にも行けちゃいます。

(cf.旭ちゃん→その188:ガソリンスタンド跡地【千葉県千葉市】 - 廃墟ガールの廃ログその204:小さな小さな貝 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20200118190142j:image

 

茨城には常陸太田と常陸大宮があります。どちらもわりかし山です。こちらは太田のほうです。竜神大橋があるほうです。袋田の滝がある大子の手前です。やさと、と読みます。現・八里郵便局鮮やかな赤色ですが、フォントはレトロで愛らしいお姿をしています。(cf.目尾郵便局→その232:コンクリート遺構【気まぐれ福岡/飯塚市】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20200118190239j:image

 

旧・八里郵便局です。え? かわいらしすぎます。近くの八里小学校は廃校、八里中学校も一学年15人くらいの過疎地域にこんなファンシィな建物があっていいのでしょうか。


f:id:hiyapa:20200118190131j:image

 

いいのです。局便郵里八の上には通気口のような換気口のような窓のような「」があります。最大の萌えポイントです。


f:id:hiyapa:20200118190244j:image


f:id:hiyapa:20200118190138j:image

旭ちゃん撮影、ピンクに吸い寄せられる廃墟ガール


f:id:hiyapa:20200118190207j:image

 

腕の取れてしまった二宮金次郎像と、デコレーションケーキのような窓枠を持つ側面です。うっすらと苺味のクリームが塗りたくられています。かわいいしおいしいです。(おいしいかは分かりません)ところでなぜ二宮金次郎像なのでしょうか。ここは学校ではなく郵便局です。


f:id:hiyapa:20200118190215j:image

 

あと入口が2つに割れているのも気になります。入口と出口でしょうか。


f:id:hiyapa:20200118190203j:image

 

もちろん入れませんので覗きますと、窓口のような造りが見えました。(ガラスに反射するiPhoneを構えているのが廃墟ガール、後ろで見守ってくれているのが旭ちゃんそれぞれのシルエットですのでご安心ください)


f:id:hiyapa:20200118190257j:image


f:id:hiyapa:20200118190158j:image

 

横に移ります。郵便局ですから、本来はお隣さんのように赤い壁だったのかなともふと思いました。30年弱の間に褪せてこの色までトーンダウンした可能性です。真相は分かりません。


f:id:hiyapa:20200118190252j:image

 

細かいところまでかわいらしい飾りが抜かりなく、ともかくデザイン性に富んだ建物ですが、近くで見るとそろそろ直線を保つのが難しそうなことが把握できます。


f:id:hiyapa:20200118190127j:image

 

にしてもなぜ隣に新しい郵便局ができて長いのに、こちらは残ったままなのでしょうか。土地が余っているからでしょうか。保存に値する木造建築だからでしょうか。旭ちゃんが「廃墟になっても気にならないのでは」と仮説を立ててくれました。そんな穏やかな心持ちでいつまでもいたいものです。


f:id:hiyapa:20200118190134j:image


f:id:hiyapa:20200118190218j:image

 

裏手はなんというかとても裏手らしい形状でした。(cf.雑多→その129:CarPoint・Selectionあるいは白雪姫と七人の小人 - 廃墟ガールの廃ログその194:店舗跡/元乃隅稲荷【詰込山口5/7】 - 廃墟ガールの廃ログエトセトラ)


f:id:hiyapa:20200118190211j:image

 

左下には写真を撮るのにお誂え向きの四角があります。(ガラスに反射する人たちは廃墟ガールと旭ちゃんですのでご安心ください)


f:id:hiyapa:20200118190231j:image

 

そのひとつだけクリアな四角へ向かってしゃがみました。中身は和風な景色が広がります。


f:id:hiyapa:20200118190154j:image

 

ガスコンロやスリッパ、何かの瓶、わりと生活感がある景色でした。住めそうです。(cf.穴覗き→その49:割烹旅館入船跡地 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20200118190151j:image

 

この日一発目の廃墟はこんなラブリーな物件でした。良質な廃墟の空気(?)をめいっぱい吸い込み、幸先の良いスタートです。


f:id:hiyapa:20200118190224j:image

 

新旧を真ん中の電信柱で区切って眺め、さて茨城編、続きます

 

 

*廃墟残

 

残りストック:5

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20200118190016j:image

 

茨城県に住んで良かったと思うことは、車の運転ができるようになったこと、ラーメンが好きになったこと、です。常総の人生、水戸のふる河も好きですが、いっとうお気に入りは東海のいろはのラーメンです。


f:id:hiyapa:20200118190020j:image

 

気合いが入っていらっしゃいます。