廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その26:ガソリンスタンド跡地【岐阜県養老郡】

 

 

 

*基本データ


場所:岐阜県養老郡養老町
行った日:2017/09/17
廃墟になった日:不明
詳しく:

f:id:hiyapa:20170918211638j:image

このへん

何個かアプリを介したら透過が消えてしまいました‥‥
 


*評価


怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★★☆☆☆
入りやすさ:★☆☆☆☆

 

 
*あれこれ

 

その25

(http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2017/09/17/212456)では名古屋におりまして、その理由というのが大本命の岐阜へ行くためだったのでした。

 

f:id:hiyapa:20170918212221j:image

 

f:id:hiyapa:20170918212239j:image

 

名古屋から大垣、そして養老鉄道へ乗り換えます。

 

f:id:hiyapa:20170918212450j:image

 

これ廃墟ではないんですが、どうしても書いておきたいところです。わたしの長年の愛読書西尾維新作品に登場する、1番好きなキャラクタは戯言シリーズの4作目『サイコロジカル』にしか出てこない大垣志人(おおがきしと)くん。挿絵もあんなにイラスト豊富な西尾維新作品の中で1カットしかありません。岐阜に大垣という地名があるのは知ってたけれどこれってもしかして‥‥? 410‥‥?? 道中この看板を見つけた瞬間が最もいきいきしていました。

 

 

 志人くんの挿絵の出てくるのは下巻です。ずっと同い年が良くて一生16歳でいたい病だったときもありました。ほんとうに大好きなのです。

 

‥‥と話が気持ち悪い方向に逸れてしまいましたので戻します。(おそらくつつけばすぐこういう面が出くるため注意が必要です)

 

f:id:hiyapa:20170918220109j:image

 

ほんのりダークな赤い車両、養老線に乗って「養老駅」へ向かいます。ワンマン運転、停車駅の半数以上が無人駅、車内にバスでよく見る両替機と精算機搭載。また指定車両には自転車(折りたたみではなく、ふっつーのママチャリOKみたいです)を乗り入れていいみたいで、部活帰りと思われる女子高生が自転車とともに吸い込まれていく光景も見かけました。田舎の電車はなかなかにカルチャーショックです。

 

f:id:hiyapa:20170918220156j:image

 

こちら、養老駅のホームを降りた景色です。宣伝看板の枠だけでずっとそのままになっていたのでしょう。池島や友ヶ島を思い出します。

 

f:id:hiyapa:20170918220637j:image

 

この駅を降りて、しばらく坂を登ったところに今回の廃墟がありました。

 

f:id:hiyapa:20170918220752j:image

 

f:id:hiyapa:20170918220821j:image

 

状態からみて、そこまで古くはなさそうです。

 

f:id:hiyapa:20170918220846j:image

 

白飛びしていますが手前に写っている部分です。何かが祀られているようです。

 

もちろんこのガソリンスタンドがお目当てではなく、思わぬ収穫にほくほくで目的地へ向かったのでした。そちらは写真撮りすぎたので次の記事で書こうと思います。(ただ廃墟ではないのでここに書くか悩んではいますが‥‥)

 

日本の7割くらいは車が必要な地域で、空き家も多く、取り壊しすらままならない土地が住宅のすぐ隣にあるなんて茶飯事ということを、すこし地方に行くと痛感しますね。

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20170918221222j:image

 

養老駅って、ラッシュ時の乗車率とかまったく分からないですが、このつり革の間隔の狭さは常軌を逸している気がします。3人がけの席に6~7個ついてます。え???

 

その25:中村遊郭跡地周辺

 

 

*基本データ


場所:名古屋市中村区(駅西銀座付近)
行った日:2017/09/17
廃墟になった日:2009年頃
詳しく:大正時代、娼婦の集まる遊郭があった地域。現在もソープランドが立ち並ぶ区となる。遊郭として経営していた店は現在全滅、また遺っている建造物も解体が進む。
 


*評価


怖さ:★★☆☆☆
廃れさ:★★★★☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20170917205130j:image

 

ということで名古屋なうです。

 

その日行った廃墟の記事をその日に書く時代となりました。

名古屋には廃墟目的で来たわけではないので、駅前から歩ける範囲であるかなと思って探索したのですが大当たりでございました。

(ちなみになぜ名古屋へ来たかは次の記事で場所を書く予定です。岐阜です岐阜)

 

名古屋駅から15分ほど歩いた中村区の一角を昔は中村遊郭と呼んでいたそうで、娼家が並んでいたそうです。

 

当時の建物が一般民家や旅館や料亭になっているところもちらほらありますが、基本は取り壊されてしまっていたり、空き家になってしまっていたりするとのことでした。

 

f:id:hiyapa:20170917205604j:image

 

成功例として有名なのがこちらのお蕎麦屋さんです。立派な佇まい、歴史を感じます。硝子からぼやける灯りに味があります。

 

f:id:hiyapa:20170917205739j:image

 

会員制だそうです。

 

f:id:hiyapa:20170917205808j:image

 

前回、川崎でもこんな地域を探検しましたが、(http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2017/09/11/201339)かつて華やかだった夜のお店の跡地が、多いこと多いこと。

 

駅前の喧騒とネオンが打って変わって、果てしなく寂れています。

 

f:id:hiyapa:20170917210110j:image

 

f:id:hiyapa:20170917210129j:image

 

f:id:hiyapa:20170917210155j:image

 

トタンを貼り増し貼り増しし、増築に次ぐ増築、九龍城を彷彿とさせる不思議な間取り図の空間です。

 

f:id:hiyapa:20170917210434j:image

 

そして、ここは、今回この地域を探索していた中でもっとも「らしい」区画でした。

 

あ、令女プールはこの建物の向かいにある現役ソープランドのようです。本日はおやすみの貼り紙してあり、元気がありませんでしたが、たぶんほんとうに本日がおやすみだったのでしょう。

 

f:id:hiyapa:20170917210735j:image

 

f:id:hiyapa:20170917210758j:image

 

トタンの錆がどこかの工場のようです。もっと奥にはベランダのような場所もあり、洗濯が干せそうな小さな空間も見つけられました。

 

f:id:hiyapa:20170917210925j:image

 

f:id:hiyapa:20170917211009j:image

 

わたしの住んでいた水戸や地元の千葉ならまだしも、ここはかなりの力を持った地方都市の、それも県庁所在地の1番大きな駅の、歩いて少しした場所に乱立しているとは、写真だけ眺めていてはまったく思えません。

 

f:id:hiyapa:20170917211140j:image

 

背景を知って歩くと、いきなり艶めかしく、それでいて今よりも不埒ではない、儚く危うい香りがしてくる気がしてしまいます。

 

f:id:hiyapa:20170917211439j:image

 

先の廃墟の入口にある木の枠組みです。看板だったのでしょうか。

 

だいぶ消えてしまったらしいですが、それでもまだいくつか欠片が遺っていますから、名古屋、凄いです。

 

なんとなくビジネスの街という印象が強い名古屋、大満足の遠出となりました。

 

 

*おまけ

 

中村遊郭のとある一角の銭湯です。

 

f:id:hiyapa:20170917211804j:image

 

貼り紙のサイズが小さいので見にくいですが、施設老朽化に伴い、9月20日をもって閉店されるとの内容が書かれています。

 

これから廃墟になる、まだ廃墟ではない、あちらとこちらの狭間の空間も撮っておきました。

 

f:id:hiyapa:20170917211942j:image

 

併設のコインランドリーも同様に、20日以降施錠されて廃業されるそうです。切なさの残る場所ですね。

 

三連休も残すところあと1日ですが、台風や前線にお気を付けて、ここまで読んでくださった方、素敵な祝日をお過ごしください。

その24:ウェアハウス川崎【ついに九龍城】

 


*基本データ


場所:神奈川県川崎市
行った日:2017/09/10
廃墟になった日:2005年オープン
詳しく:千葉、東京、神奈川に店舗を持つウェアハウスというアミューズメント施設のひとつ。九龍城がモデルの店舗はここだけ。
 


*評価


怖さ:★★☆☆☆
廃れさ:★★☆☆☆
入りやすさ:★★★★★(入口トラップあり)
 


*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20170913212519j:image

 

ついにきました。

 

軍艦島ポンペイ、九龍城に行くのが人生の目標なのですが(だからないって)、廃墟フリークはじめSF好きさんや珍スポット好きさんにもあまりに有名な、九龍城をモデルにしたゲームセンターへ行ってまいりました。

川崎後半戦です。

 

f:id:hiyapa:20170913212902j:image

 

入口から漂う異様な雰囲気、スチームパンクの感じもあります。

 

f:id:hiyapa:20170913213332j:image

 

下からなめた入口ショットです。徹底されています。

 

f:id:hiyapa:20170913213417j:image

 

歓迎光臨なのですが、2階以降写真を撮っておらず、途中から拙い文章のみにて記録しておきます。

2階からは写真撮影禁止の看板が出てるのですが、SNSに投稿することは大丈夫らしいので、1階分だけ載せようかと思います。

 

f:id:hiyapa:20170913213555j:image

 

ここが噂のトラップです。

これは、歓迎光臨の奥の二枚扉になった入口です。ずんと進むとプシューとなります。白いのでます。バラエティの不正解みたいな演出を一発受け、正式入場となります。この日、わたしが先頭でもうお1人と行きまして、2人でしっかりと絶叫してから入りました。サクラ並の驚きっぷりでした。

 

f:id:hiyapa:20170913214239j:image

 

ブレードランナーの世界です。低い天井にむき出し電球、無造作な貼り紙。

 

(まったくその辺明るくはないんですが、なぜ、SF作品ってアジアの繁華街みたいなところが舞台になりやすいのでしょうか。あと、これはSFに限らず、なぜ、~の夢を見るか? ってタイトルを使いたがっちゃうのでしょうか。素朴な疑問です)

 

f:id:hiyapa:20170913214213j:image

 

エレベーターホールです。

 

f:id:hiyapa:20170913215003j:image

 

f:id:hiyapa:20170913215020j:image

 

2階へ行くと、ほんとうに九龍城の町並みのような建物の重なりあったゾーンがあります。段違いで渡ったロープに干される真っ赤な下着、埃と羽だらけの鳥かごタワー、枯れた植木鉢、小さな狭い区切りで部屋が積み重なって、かなり忠実に再現されています。

 

他にも、わざと汚れまみれの自動販売機や、洋物を取り入れた風の石膏像、当時のキャバクラを思わせるチラシ、娼婦のような女の子の部屋の再現などなど、細部にまで気を抜かない演出がなされていました。

 

f:id:hiyapa:20170913215638j:image

 

食堂からは中華鍋とお玉の擦れ合う音すら聞こえています。炒飯を作っているのでしょう。憎い演出です。

 

f:id:hiyapa:20170913215748j:image

 

f:id:hiyapa:20170913215809j:image

 

上が駐車場への出入口、下が一般の出口です。赤と緑のネオンが余計に非日常感を醸し出しています。電脳世界とか行けそうです。自分の価値を決める数字で職業とか決まりそうです。アンドロイドとかいそうです。

 

素敵な場所でございました。

その23:川崎不動産【神奈川県川崎市】

 

 

*基本データ
場所:神奈川県川崎市(川崎駅東口)
行った日:2017/09/10
廃墟になった日:不明
詳しく:1階「川崎不動産」、2階「カラオケ仲見世クラブ」跡地。
 


*評価

怖さ:★★☆☆☆
廃れさ:★★☆☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

川崎にお邪魔してきました。

上陸は2度目です。

(初上陸はフォトスタジオにてソロウエディングというおひとり様でもウエディングドレスを着て撮影ができる至れり尽くせりの企画をしにゆきました。便利な時代になったものです)

 

わたしの川崎のイメージは、栄えている、新しくてきれい、スタイリッシュでしたが、今回探検して明るいところに暗い影ありという言葉をたいそう噛み締めることとなりました。

 

大通りや駅前にはビルや商業施設が建ち並び、道路も広く綺麗で舗装されているのですが、1本入ると小汚い娯楽街が根を張っておりました。

 

f:id:hiyapa:20170911202245j:image

 

すべてスナックやバーやパブのテナントビルです。看板のラインナップと実際のお店はだいぶ入れ替わっていると思います。

 

f:id:hiyapa:20170911202345j:image

 

平和通りという細い道では、ラブホ・保育園・コンビニの三点セットがご近所さんとなり、園児たちの教育が試される品揃えです。

 

f:id:hiyapa:20170911202953j:image

 

f:id:hiyapa:20170911203010j:image

 

打倒ヨコハマ(なのかは知りませんが)を目指して発展を続ける政令指定都市の裏側には、欲望にまみれた散らかっている空間があることを知りました。

 

スタバOLとキャバクラのアジア系おねえさんが共存する地、それが川崎のようです。

 

f:id:hiyapa:20170911202729j:image

 

川崎不動産は陰の部分の商店街にあります。

 

f:id:hiyapa:20170911202852j:image

 

f:id:hiyapa:20170911202924j:image

 

自然の力が金属に勝つことがみてとれます。

 

f:id:hiyapa:20170911203112j:image

 

看板は完全に文字が消えていて、うっすら光の加減でなんのお店か読むことができます。不動産とカラオケ、面白い組み合わせですね。

 

f:id:hiyapa:20170911203225j:image

 

鉄格子の中は写真におさめることはiPhoneカメラでは困難ですが、細長い机とお客様用のイス、事務用品が覗けます。

別角度からは自転車とコピー機が見えます。このコピー機相当の年季ものに加え日の光をふんだんに取り込んでおり、はじめくたびれた段ボールが積んであるのかと思うくらい、黄色くなってました。相当の歴史がありそうです。

 

なかなかディープな地域でした。

 


*おまけ

おまけといえるかはさておき、川崎もなんだかんだで前後編に分かれます。

後編は川崎「といえば」の有名すぎるゲームセンターへお邪魔したので、そちらを書き留めておこうと思います。

 

~continuer~

その22:分田煙草店+α【中野ブロードウェイ】

 

 

*基本データ


場所:中野ブロードウェイ2階
行った日:2017/09/02
廃墟になった日:2016/05/28
詳しく:正式には廃墟ではない。閉店したタバコ店の廃墟を模した会社のオフィス。
 


*評価


怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★☆☆☆☆
入りやすさ:★★★☆☆(+α含む)
 


*あれこれ

 

廃墟ではないんです。

いやーばっちり騙されました。

 

f:id:hiyapa:20170908203312j:image

 

「カオス」の一言がふさわしい中野ブロードウェイです。色鮮やかな店内も、ぐるりと回って外から見てみると程よい寂れ具合でテンションが上がります。

 

そんな中野ブロードウェイ、上はマンションになっているのですね。散髪、洋服、整体、病院、文具、百均、本屋、靴屋、生鮮食品、酒屋、時計、眼鏡、宝石、画材、ソフトクリーム、占い、カフェ、アニメグッズ、漫画グッズ、ゲームグッズ――え? むしろなにが買えないの? というくらい、住人にとっては凄まじいラインナップです。まんだらけ本社や数々のオフィスもありますので、このマンションを借りて就職すればノンストップブロードウェイライフの完成です。

 

2階に「ジンガロ横丁」というオフィスがありまして、そこの外装が古き良き横丁スタイルとなっており、入口横に閉店した分田煙草店は存在します。

 

f:id:hiyapa:20170908204240j:image

 

あまりの完成度の高さに本物の店舗と勘違いする人が多く、泣く泣く2016年に閉店したそうです。(※という設定です)

 

f:id:hiyapa:20170908204559j:image

 

人工廃墟、未来に遺そう日本の建築プロジェクトとして将来意図的に増えるかもしれません。

 

f:id:hiyapa:20170908204743j:image

 

休診日のお医者さんフロアもなかなかの見ごたえでした。

 

f:id:hiyapa:20170908204836j:image

 

ちらりと写るトートバッグの絵柄はパワーパフガールズです。廃墟に帽子をかぶってパワーパフガールズのトートバッグを持っているおばさんがいたら、だいたいわたしです。

 

地下階なんかはわりと小さい店舗がひしめき合っているイメージでしたが上の階にはわりとシャッターも多く、雑然と静寂が渦巻く文字通りの「混沌」の地でございました。

 


*おまけ

 

f:id:hiyapa:20170908205528j:image

 

ブロードウェイ内ではありませんが、中野の自販機ではバトロワが行われるようです。

 

その21:ワールド会館跡地【not 45 but 55】

 

社会の荒波に揉まれて飲まれてしておりましたら更新できていませんでした。

中野、思いのほか写真があるのでブロードウェイ「内・外」で2つ記事にしようと思います。(件数稼ぎではないです。たぶん)

 

 

*基本データ


場所:中野区(中野駅からブロードウェイ方面へ)
行った日:2017/09/02
廃墟になった日:不明
詳しく:元々は「ホテル ワールド」という名前の建物。その跡地にスナックやバーや一般賃貸が並ぶ。
 


*評価


怖さ:★★★★☆
廃れさ:★★★☆☆
入りやすさ:★★★★☆
 


*あれこれ

 

本当は、中野を代表する廃墟街「中野45番街」を目指して繰り出しました。

 

しかし、そこにあったのは番地が45の建設計画の貼り紙でした。

マンションが建つそうです。

 

(前回の記事で、行きたいところにはすぐ行ったほうがいいと思ったのはこのためなのでした。http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2017/09/03/164953)

 

f:id:hiyapa:20170907202010j:image

 

悲しみの最中、もう少しブロードウェイに近い、仲見世商店街を抜けたところに救いを発見したのです。

 

f:id:hiyapa:20170907202157j:image

 

一目でわたしを呼んでいる、と直感しました。

 

元々がホテルとあって、とても凝った造りでした。六角形に区切られた外壁、X字を描くように四方に階段が伸び、その両端に部屋といった具合です。

 

f:id:hiyapa:20170907202419j:image

 

3階まではスナックやバーが多いのですが、4階に行くと普通の賃貸になっていました。ホテルだからかベランダがおそらくないのでしょう、階段脇に洗濯物の干してある部屋もありました。

 

f:id:hiyapa:20170907202610j:image

 

屋上部分もあったのですが、さすがに立ち入れなかったです。

 

f:id:hiyapa:20170907202706j:image

 

f:id:hiyapa:20170907202632j:image

 

こちらはエレベーターです。

 

f:id:hiyapa:20170907202735j:image

 

開いたらシリキ・ウトゥンドゥが目を光らせていそうですね。

(元々千葉県民なので、ちょいちょいディズニーが顔を出しますが どうかご了承ください。レベル13が好きです)

 

そして、地下が怖いです。

完全無敵の防音遮光、窓なし明かりなしの営業時間外で閉まっているドアたちを靴音響かせながら通り過ぎていきました。

 

f:id:hiyapa:20170907203317j:image

 

雨漏りしていますが、怖いのです。

 

f:id:hiyapa:20170907203617j:image

 

夜の55番街はこんな景色で、廃墟とは思えないライトアップです。お店のラインナップとしましては、坊主バー、ジョジョバー、アニソンDJバー、コスプレバーetcetcと、カオスサブカル街中野を凝縮したような顔ぶれのようです。

 

45番街の一件があるので、少し懸念がありますが、末永く残っていてほしい場所ですね。

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20170907204023j:image

 

所詮、自己満と備忘録のために始めたブログで、たいしたアクセス数アップ対策もなく、ほぼ身内の野次馬によって成り立っているであろう、このブログですが、それでもあそこの地下でアナログにひっそりと留まっているよりは力があるかなと思うので、拡散の意を込めて、載せます。

 

 「フーちゃんです、心配してます」

「みっちゃんです、残念です」

などなどの書き込みも。

 

早く再開するといいですね。

 

その20:タバタの靴【東京都板橋区】

 


*基本データ


場所:仲町商店街
行った日:2017/09/03
廃墟になった日:不明
詳しく:

f:id:hiyapa:20170903161737j:image

このへん

 

 
*評価

 

怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★★☆☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

 

探検していましたら見つけた元店舗です。

 

f:id:hiyapa:20170903162008j:image

 

建築許可の貼り紙がしてあるので、そろそろこの風景もこの商店街にとって当たり前ではなくなるのだろうと思い、記念もかねて記事にしました。

 

歴史ある商店街のシャッター化は、都心でも現象になっているのをひしと感じた一件となりました。

 

(たとえばわたしが以前住んでいた茨城県水戸市の、水戸駅(県庁所在地ですよ)から延びる銀杏坂という坂の通りは3~4割シャッターです。今度行ったら様々なシャッターをひたすら撮って載せるのも良いですね。廃墟なのか微妙ですが)

 

f:id:hiyapa:20170903162455j:image

 

お知らせによると、次は事務所兼共同住宅に生まれ変わるようです。

 

f:id:hiyapa:20170903162539j:image

 

ずっと看板は変えずに、何十年も商売をしていたことが見てとれます。

補修用のガムテープですら、くたっています。

 

きっとこの商店街では「靴といえば」のような位置のお店だったのでしょうね。

 

f:id:hiyapa:20170903163136j:image

 

先日行った、このあと書こうと思っている場所――日付は前後しますが掲載順ということで悪しからず――でも強く思いました、「行きたい廃墟は早く行くべし」を実践すべく、ブログ開設した年というのも相まって、ことし残り4ヵ月、いろんなところへ探検したいなとしみじみするこの頃でございました。

入れ子構造すぎて読みにくい一文ですね。