廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その87:店舗跡? 【板橋区】

 

 

私たちは2日間のために生きている。

その前の5日間はただの修行期間に過ぎず、ひたすらに耐え忍ぶのみである。じっと息を殺してやり過ごした者にのみ、至福の48時間が訪れる――

 

f:id:hiyapa:20180424220602j:image


ここに1枚の画用紙がある。

1日かけて、これを塗りつぶしていくのが私の仕事だ。私の他にも塗る担当が何人かいて、それぞれ色が決まっている。画用紙の形も毎日変わるが、基本的には広大な敷地を誇っているし、万が一塗りきれたとしても、画用紙にはつぎのページがある。

 

f:id:hiyapa:20180424220628j:image

 

今日の形はこれだった。

すぐに赤色が右端から塗られる。少し楽しそうに、さながら公園で砂場遊びをする子供のように、色がついていく。次は緑が真ん中にこぼれた。遠慮知らずの大胆な一撃。続いて橙、紫、色面積の大小、時間差はあるものの、だんだんと白が減っていく。

そんな中私は、あの言い伝えのことを考えていた。古よりの伝承でそんな格言があるらしい。確かに私もなんとなく、聞いたことがある。

ひとはみな2日間のための5日間を生き延び、つかの間の休息と終わりゆく2日目の夜に安堵と憂鬱のため息を漏らすとかなんとか。

遅れながらにアクセントとなった黒いペンキも垂れていく。

でもよく考えてみてほしい。1週間は7日ある。そのうちの5日も犠牲にして、たった2日をつかみとれというのか。私は黒いペンキの流れを見つつ、姿勢を正して瞳の奥で叫ぶ。

くそが。5日も耐えられるかよふざけんな。バランスおかしいだろうが。金曜まで遠いんだよなクソ。って言えば満足かよ? 笑えねえわ。

滑りこみの緑色も現れる。これで大体の色は揃った。私はまだ、満タンでこぼれそうな青色のペンキを持っている。

要するに、私はいらついているのだ。伝承を受け入れる世界に。理不尽な怒号に。帰れない定時後に。何より、色のつかない現状に。色のつけられない、ぶつけられない私に。こうしてうじうじとSNSにわかった振りをしてつらつらとうだうだと書き連ねるだけで、誰に相談するでもなく、ひとりよがりに。そして苛立ったそばからもう、はじめの苛立ちが消えていく。覚えていられないのだ。そのことにまた、いらついていく。そんな毎日に、苛立っては落ち込み、先の休みをちらと思い、怒られ、空を仰ぐ。心の中では、指を立てて騒ぎながら。

 

f:id:hiyapa:20180424222447j:image

 

手前の看板のところを、青にしたかったなあ。本日の色塗りは締め切られました。また、あした。

 

f:id:hiyapa:20180424222813j:image

 

*基本データ

 

場所:東京と板橋区(都営三田線板橋区役所前駅から歩ける)

行った日:2018/04/21

廃墟になった日:不明

詳しく:f:id:hiyapa:20180424222653p:image

 

 

*評価

 

怖さ:★☆☆☆☆

廃れさ:☆☆☆☆

入りやすさ:☆☆☆☆☆

 

 

*いいわけ

 

疲れているんだと思います。

何回かに1回かやってくる出オチ気を衒いシリーズです。なんとも中途半端ですが仕事って大変だなという文章でしたとさ。塗られた色が仕事の実績というわけです。もっときちんと書けばすこしはマシなものができるのにそうする気力がないところがまた、疲れを表しているということにしておきます。ファミマまで遠いんだよなクソ。を入れたかっただけともいえます。また次からちゃんとした探検の記事書きます。廃墟に罪はありません。

 

阿修羅ガール (新潮文庫)

阿修羅ガール (新潮文庫)

 

 

 

その86:すし正跡地

 

 

*基本データ

 

場所:東京都豊島区目白5丁目

行った日:2018/03/21

廃墟になった日:2018/03/20

詳しく:

f:id:hiyapa:20180420220004p:image

閉業。地元に愛されたお寿司屋さん。上記日程に火災が発生し廃墟化の運びとなった。

 

 

*評価

 

怖さ:★★★☆☆

廃れさ:★★★★☆

入りやすさ:☆☆☆☆☆

 

 

*あれこれ

 

超芸術トマソンのように細分化されているかは分かりませんが、廃墟にも種類がある気がします。

蔦などの植物系、雪崩系、シースルー系、そのまま系、ホラー系、云々です。今回は燃え系の廃墟メモになります。

 

f:id:hiyapa:20180420220902j:image

 

時系列としてはと同日となります。(cf.寒かった春の日→その80:住居跡【豊島区】 - 廃墟ガールの廃ログ)

火災発生からちょうどひと月経ちましたので、こうして眺めたときのことを思い出しながらiPhoneぽちぽち――もはやボタンを押しませんので、このオノマトペは不適切ですね――している経緯です。

この道は踏切を渡ってしばらくしたところなのですが、どうも焦げくさく、どす黒い塊のような匂いが充満していました。踏切すぐのところにパトカーも停まっており、ただならぬ雰囲気がはじめからありまして、そうして納得のいくブツと対面しまして、そういえばお仲間であるその75の近くにも漂っているにおいだと、気づくのです。

(cf.燃え系お仲間→その75:そば武蔵野&あい菜家本店跡地【観察日記】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20180420222319j:image

 

撮影時は事後1日しか経っておりませんで、燃えたての、まだ廃墟として定着していない、ふわついた雰囲気があります。これこそ刹那的です。

 

f:id:hiyapa:20180420222808j:image

 

溶け、煤け、焦げ、捲れ、外れ、一切の必然を伴わず、人工物のはずなのにこんなにも自然としていて、なぜこんなにも矛盾したベクトルがぶつかりあうと、異様な魅力が生まれるのでしょう。

 

f:id:hiyapa:20180420223412j:image

 

 

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)

 

別に殺して解して並べて揃えて晒してはいません。

 

f:id:hiyapa:20180420223721j:image

 

絶妙な位置にいる看板の枠組みと、とばっちりをくらった標識がポイント高めです。

 

f:id:hiyapa:20180420223924j:image

 

正面です。画面やや左下になぜか災禍を逃れた生たまねぎが置いてあります。

 

f:id:hiyapa:20180420224456j:image

 

f:id:hiyapa:20180420224517j:image

 

雨が、よく入ってきますね。

 

f:id:hiyapa:20180420224545j:image

 

ストリートビューですと、現役の頃のお姿が拝見できました。きっと古くからあるお店だったのでしょう。ひと月経って、これらの写真からまた様子を変えているかもしれません。



*おまけ

 

f:id:hiyapa:20180420224734j:image

 

ひさびさに見ました。オンリー遊具公園です。この遊具の名前はなんというのでしょうか。

 

その85:西武安比奈線

 

 

*基本データ


場所:埼玉県川越市
行った日:おそらく2011&2018/04/14
廃墟になった日:1963年休止、2017/05/03廃止
詳しく:1925/02/15に開業された2駅の貨物単線列車。入間市でとれた砂利を運搬するための貨物線だったが需要減のため1963年に休止。長い間そのままの状態にあったが、ようやく上記日にちに廃線となった。


 
*評価


怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★★☆☆☆
入りやすさ:★★★☆☆
 


*あれこれ

 

おそらく、鉄道マニアやお散歩好きさんの間ではかなり有名な廃線となります。

廃線は廃墟とは違いますが、「手入れのされていない荒れた場所」という意味では共通するものかありますので、おまけ的にナンバリングしてしまうことにしました。

(cf.廃墟についてちょっとだけちゃんと考えたときのメモ→その56:住居跡【千葉県市川市/廃墟とは】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20180415225732j:image

 

そして、この西武安比奈線(あひな)ですが、実は川越よりからも以前攻めたことがございます。今回は西武新宿線南大塚駅からまったく自分がブログをやっていること自体忘れるくらい別件で歩いていたら見つけ、記憶が甦った次第です。

2011年頃のファーストコンタクトでは、「廃線になった線路跡があるらしいのでスタンドバイミーごっこをしに行こう」という企画で廃線をひたすら歩くというものでした。その際には川越でいっちょまえに遊びすぎで、線路の軌道が佳境に入ったあたりで日が暮れ、生い茂った雑草の中鉄の道を見失い、空き地に到着エンドにて終焉をむかえまして、しっかり辿れなかった思い出が残っております。その頃はiPhoneではなかったので写真すらありません。

 

f:id:hiyapa:20180415230021j:image

 

Wikipediaさんより、線路のコースはこのようです。今回は南大塚駅のほうへ図らずもお邪魔しておりました。

 

f:id:hiyapa:20180415230149j:image

 

とはいえ、お散歩が目的ではなく一瞬通りかかったのみですので、一つのアングルしか今回も写真はありません。

ちなみに川越方面から辿ると、囲われていない場所も多々あります。

 

f:id:hiyapa:20180415230323j:image

 

道路にも跡が残ります。単線なのでこの2本の鉄の線ですべてです。

 

f:id:hiyapa:20180415230415j:image

 

なんらかの意味を持って、さも大事なもののように、マンションや住宅の並びを阻む長い長い一帯、原住民の認識を聞いてみたいところです。

 

f:id:hiyapa:20180415230736j:image

 

廃墟でもなんでもなく、今ならYouTuberがやるような発想ですが、いつかはしからはしまで最大限に追ってみたいです。



その84:東松山遊園地【東松山遊園地を目指して3/3】

 

 

*基本データ


場所:埼玉県東松山市(東松山駅より徒歩30分ほど)
行った日:2018/03/31
廃墟になった日:1970年開園、数年で閉園
詳しく:閉園理由は不明。浴場やゴーカート、北極体験施設などがあった。園長は神秘珍々ニコニコ園の園長でもあったらしい。
 


*評価


怖さ:★★★☆☆
廃れさ:★★★☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆
 


*あれこれ

 

東松山遊園地を目指してお散歩シリーズは今回でファイナルです。

(cf.東松山遊園地を目指して→その82:店舗跡【東松山遊園地を目指して1/3】 - 廃墟ガールの廃ログその83:住居跡? 【東松山遊園地を目指して2/3】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20180411222838p:image

 

駅前の通りと打って変わって、高低差のある山道になってゆきます。ピンの場所はすぐそこです――

 

f:id:hiyapa:20180411222947j:image

 

まず、柱を発見します。穴の開き具合やブロックの崩れ具合など、今後が期待できます。幸先良いスタートといえるでしょう。

 

f:id:hiyapa:20180411223102j:image

 

そしてカーブの坂を越えたところにコンクリートのみの基盤を見つけます。浴場跡地だったりしたら面白いです。

 

f:id:hiyapa:20180411223228j:image

 

緑との共存がうまくいっているようです。不規則なでっぱり、段差、なにかの建物に使われていたのは間違いありません。

 

f:id:hiyapa:20180411223336j:image

 

さらに舗装された道路をはずれ、まだ落ち葉の重なる山奥へ入ります。ふやついた地面を踏みつけて進むと何かがあるようです。ここまで来るには細いうねった枝、蜘蛛の巣、蚊柱など様々なトラップがあり、

 

f:id:hiyapa:20180411223649j:image

 

それらをかいくぐったのちのご褒美として、こちらに行き着きました。巷ではやりのシースルー廃墟です。(cf.シースルー→その68:弁天横丁【川越浪漫散策3/3】 - 廃墟ガールの廃ログ)

どこの職人さんが手作業でやすりをかけたのか、と見まごうほどの湾曲な格子の奥には、ガラス戸だったものたちが集まって立てかかっていました。ほか落ちている小物など、生活の香りが少し残る、森の奥とは思えない配置です。遊園地内の倉庫や用具入れなどの跡地でしょうか。

これは、つぎに現れる場所への期待が高まります。どんどん進むことにしま

 

f:id:hiyapa:20180411230408j:image

 

おや? なにやら文化祭の出し物の飾りつけのような文字が目に入ってきます。BULLET? 人の手が加えられている証に、一抹の不安を覚え、進む足を速めると――

 

f:id:hiyapa:20180411230716j:image

 

f:id:hiyapa:20180411230730j:image

 

青い網が、昼下がりの長閑な地に突如現れます。

 

f:id:hiyapa:20180411230856p:image

 

f:id:hiyapa:20180411230932j:image

 

サバイバルゲームフィールド バレット

 

なるほど‥‥‥‥

 

f:id:hiyapa:20180411231041j:image

 

平和で良いですね‥‥ほんとうに‥‥

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20180411231149j:image

 

ということで、残念ながら遊園地跡地はサバゲー会場になっておりましたが、きっぷ売り場の跡などを見つけ、お散歩は終了です。(cf.サバゲー会場→その14:ブラックマンション 【茨城県笠間市】 - 廃墟ガールの廃ログ)

神秘珍々ニコニコ園なんて絶対見たかったですし、ちょっと拍子抜けなところもありましたが、廃墟よりもなによりもが見応え抜群でしたので、大成功の探検でございました。

 

f:id:hiyapa:20180411231537j:image

 

狭山茶梅酒と鳥串と豚串でおひらきです。狭山茶梅酒、最高に美味でした。お茶ののどごしでかなり爽やか、後味にほんのり梅酒のすっぱさと甘さが出、味の濃い食べ物にかなりよく合う代物でした。

その83:住居跡? 【東松山遊園地を目指して2/3】

 

 

*基本データ


場所:埼玉県東松山市
行った日:2018/03/31
廃墟になった日:不明
詳しく:

f:id:hiyapa:20180406222817p:image

その82:店舗跡【東松山遊園地を目指して1/3】 - 廃墟ガールの廃ログ近く。
 


*評価


怖さ:★★☆☆☆
廃れさ:★★☆☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

 

前回の動きは基本データにあります1/3のリンクをご覧ください。

東松山遊園地を目指し歩く途中、前回の廃墟の近くには、

 

f:id:hiyapa:20180406223702j:image

 

きちんとくすんだ色合いも揃っておいででした。なんだかきづけばこのブログの記事も83、決して詳しくもハイグレードでもなく、つらつらと綴っているだけではありますが、それでもわりと件数廃墟を見てきた結果、こんなお色味はしっくりくる「廃墟色」と認識されるわけです。

 

f:id:hiyapa:20180406223928j:image

 

どんなに頑張って撮影を試みるもどセンターに駐禁標識が陣取っておりますため、二分割不可避ではありますが、全貌はこのようです。薄汚いシャギーの入ったカーテンと下方に寄った窓たち、廃ビルを思い出します。(cf.池袋の廃ビル→その69:廃ビル【東京都豊島区】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20180406224407j:image

 

画面右部分のでっぱりの目的が気になりますね。

 


*おまけ

 

f:id:hiyapa:20180406224551j:image

 

2件の廃墟をあとに、ずんずん進みますと、おおきなピンクがありました。ちょうど明日(2018/04/07)はこの巨大ピンク群の元、上沼公園にて行灯のやさしい光とともにお祭りも行われるようです。

 

f:id:hiyapa:20180406224906j:image

 

残念ながら廃墟なんてどうでもいいよねと思わざるを得ない眺めでした。

 

f:id:hiyapa:20180406225036j:image

 

f:id:hiyapa:20180406225051j:image

 

空に明るさが合っていてもなお花びらの輪郭がわかるくらい大量の桜です。ここを灯篭が並ぶ光景はさぞ鳥肌ものなのでしょう。しかしきっと本日の強風でかなり散ってしまったはずです。しめしめと思っている自分がいます。

 

f:id:hiyapa:20180406225441j:image

 

封印されし水路を見つけ、すこし意識が廃墟に戻ります。

 

f:id:hiyapa:20180406225553j:image

 

f:id:hiyapa:20180406225607j:image

 

後ろ髪を引かれつつもあまりえぐぐなさそうな曲がり道のお知らせと、背景を知りたすぎるコースの標示を見つけます。

 

f:id:hiyapa:20180406225741j:image

 

山道にさしかかってまいりました。そろそろ目標の東松山遊園地が近づいています‥‥つぎの記事で最後です。

(おまけが長すぎる問題)

その82:店舗跡【東松山遊園地を目指して1/3】

 

 

*基本データ


場所:埼玉県東松山市(東武東上線東松山駅」東口から歩ける)
行った日:2018/03/31
廃墟になった日:不明
詳しく:

f:id:hiyapa:20180404214035p:image

ココ


 
*評価


怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★☆☆☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

 

東松山遊園地」という伝説の廃墟があります。

閉園理由はいまだに明らかにされていない遊園地で、ゴーカートや北極体験の小屋などあったようです。しかも園長は「神秘珍々ニコニコ園」の経営者でもあった、ときています。神秘珍々ニコニコ園ってなんでしょうか?? 普段はひとつだけしか打たない疑問符も150個くらいつけたい勢いです。

(東松山遊園地はWikipediaにも記事があります。)

 

f:id:hiyapa:20180404214806j:image

 

抜群に香ばしい香りの漂う文字列ですので、以前からあたりをつけていた場所でした。このたび川越の先のこの地に降り立つことができましたので、目標:東松山遊園地としておまけ的にハントした物件もあわせ、3回に分けて残しておこうと思います。

 

f:id:hiyapa:20180404221233j:image

 

f:id:hiyapa:20180404221254j:image

 

ちなみに今回のお供は川越歩きもつきあってくれた紫芋ちゃん(中学の同級生)です。

 

f:id:hiyapa:20180404221411j:image

 

暖かくなってきまして、紫芋からに変わっておりました。鮮やかです。

(cf.紫芋→その66:旧鶴川座【川越浪漫散策1/3】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20180404222110j:image

 

目指す途中、一見色があるのでそのまま逃してしまいそうな場所を発見し、慌てて戻った次第です。

 

f:id:hiyapa:20180404222958j:image

 

パチンコ屋のような出で立ちです。

 

f:id:hiyapa:20180404225203j:image

 

f:id:hiyapa:20180404225239j:image

 

何度確認してもこの丸みの部分は駅か公園の公衆トイレに思えて仕方ありません。部分がガラスになっている、の配色がトイレたる所以(トイレではありません)、といったところでしょうか。

 

f:id:hiyapa:20180404225917j:image

 

丸みがトイレだとすると(トイレでは以下略)、道の駅や物産館のような場所にも考えられます。

 

f:id:hiyapa:20180404230130j:image

 

道沿いの景色です。一階建てで横に長い奥行のある建物、店舗には違いないのですが、なにに使われていたのかは想像するばかりです。

さらにこの店舗跡の向こう、螺旋階段が続く屋上のほうへも目がいきます。素敵なシルエットです。

 


*おまけ

 

f:id:hiyapa:20180404222102j:image

 

道中、置いてけぼりの井戸くんの姿を確認しながら、東松山遊園地を目指します。あと2回続きます。

廃墟モード

 

 

f:id:hiyapa:20180401172507p:image

 

Haikyo mode

「わたしの家を紹介します」

 

cf.廃墟モード→廃墟モード - 廃墟ガールの廃ログ

その61:フレンドショップにいはり - 廃墟ガールの廃ログ

cf.4月1日のもとの場所→その79:住居跡【松戸市】 - 廃墟ガールの廃ログ

 

f:id:hiyapa:20180401173151j:image

 

あまりまじまじと見ると粗が出ますし、口を開けば言い訳が延々と紡がれますので、また次の記事にあそびにきてください。