廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録

その246:ニッコーカメラ【お知らせがあります】

 

 

⚠︎1番下にお知らせがございます。お時間ございましたら、最後まで読んでくださいますと嬉しいです。

 

 

*基本データ

 

場所:大阪府大阪市中央区難波4丁目(なんば駅から歩ける)

行った日:2019/11/23

廃墟になった日:2013年頃か

詳しく:40年以上営業していたカメラ屋さん。2018年に台風の影響で半壊。所有者が分からず取り壊しが難航し現在に至る模様。

 


*評価

 

怖さ:★★★☆☆

廃れさ:★★★★☆

見つけやすさ:★★★★☆

 

 

*あれこれ

 

前回、素敵な出会いのために大阪へ弾丸向かったところの続きです。(cf.前回→その245:HOTEL Ruby - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20191211220551j:image

 

この眺め、大阪って感じがしますね。ここに廃墟が隠れています。さあどちらでしょう。

 

f:id:hiyapa:20191211220609j:image

 

現役ばりばりの店舗と店舗の間、大きな交差点の眼前、横を走るは国道、場所は天下の難波、に、ございます。これぞ繁華街廃墟の代表なのではないでしょうか。

 

f:id:hiyapa:20191211220630j:image

 

なぜか手前の壁はとっぱらわれており、この一言に尽きます。これからここで演劇が始まるか、ドラマ撮影が始まるのかもしれません。(cf.演劇→その132:笠間昭和館 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20191211221339j:image

 

いくつかピックアップして撮ってみましたので、微妙に角度を変えてみてみることにします。

 

f:id:hiyapa:20191211222140j:image


f:id:hiyapa:20191211222148j:image


f:id:hiyapa:20191211222145j:image


f:id:hiyapa:20191211222151j:image

 

(cf.冷蔵庫→その143:住居跡【荒川区】 - 廃墟ガールの廃ログ、ネコ→その139:美山荘&第五良の湯 - 廃墟ガールの廃ログ、割れたガラス→その100:店舗跡×4【板橋区】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20191211222950j:image

 

写真を撮っている間にも、たくさんの人々が行き交います。ただ観光で来ているひとでさえ、この一角はないものとしているのか、景色になじんでいるのか、反応は少ないようでした。


f:id:hiyapa:20191211222954j:image

 

ちなみに廃墟ガールはこんなに写真がへたくそでカメラもろくに持たずiPhoneを片手にお散歩をしていますが、高校のとき写真部でした。暗室とかこもっていました。現像から印刷からやっていました。こちらのカメラ屋さんは、きっとフィルムのお写真たちをたくさん取り扱っていらっしゃったのでしょう。

 

f:id:hiyapa:20191211223354p:image

 

そして別角度を眺めようと、裏手にまわりこんでびっくり、ニッコーカメラさんはどこにもいらっしゃいません。地図で確認しますと、こんな尻すぼみの三角形をしています。表にしか面していないようです。裏口は本物の関係者でないと入れないのでしょう。(cf.三角形→その220:ANGEL【清里遠足レポート⑦】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20191211222947j:image

 

台風の前はしっかりとした建物で、落書きの残るシャッターなんかも確認できたそうです。むしろ台風後この奇跡の配置で残っていることに痺れますね。(cf.奇跡の配置→その41:プチホテル跡地【三ヶ根山スカイライン後編】 - 廃墟ガールの廃ログその92:住居跡&店舗跡【水戸市】 - 廃墟ガールの廃ログその185:忠治庵【群馬県太田市】 - 廃墟ガールの廃ログなど)

 

 

*廃墟残

 

残りストック:2

 

 

*おまけ

 

日帰りで大阪まで行けて帰れてしまうなんて、今までのわたしは思ってもみませんでした。大人になったものです。

 

f:id:hiyapa:20191211224656j:image

 

大阪のその次の日、わたしはモノレールを追いかけていました(cf.巨大機構萌え→その225:第三台場跡地【台場公園】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20191211224705j:image

 

左右対称のレールと支えの構造、囲うフェンス、たまに走り去る車両、そうです、完全に萌えです。


f:id:hiyapa:20191211224658j:image

 

下は自転車の墓場となっていました。


f:id:hiyapa:20191211224702j:image

 

f:id:hiyapa:20191211225337j:image

 

ホッピングポールも佇んでいらっしゃいました。


f:id:hiyapa:20191211225346j:image


f:id:hiyapa:20191211225334j:image

 

眼福です、溜息が漏れます。青空であればまた違った表情が見えたのでしょうけど、こんな空が1番好きなので、言うことありません。


f:id:hiyapa:20191211225341j:image

 

――いえ、そうではありません。わたしはモノレールの曲線美を追求しに流通センター駅へやって来たのではありません。東京で開かれた、文学フリマというイベントに遊びにやってまいったのです。

ん? 文 学 フ リ マ  ……??

ということで、次回5/6の文学フリマ東京にて販売予定のアンソロジー企画に参加させていただくことになりました!!!

(cf.このコッテコテな下手くそ番宣、前もやってるその224:虎ノ門5丁目【お知らせがあります】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20191211230128j:image

 

f:id:hiyapa:20191211230138j:image

 

企画の詳細はこちらの画像の通りです。かっこよく作ってくださったのをお借りいたしました。え、廃墟関係ないんですけど大丈夫でしょうか。ほかのみなさんは物書きとして素晴らしい方ばかりと聞いております。わたしはイロモノ要員として、ミステリでもなく小説でもなく廃墟を好き勝手書きにいこうと思います(だめです)

5月6日に開催される文学フリマにて販売されますので、気になられた方は是非足を運んでみてくださいませ。

その245:HOTEL Ruby

 

 

*基本データ

 

場所:大阪府大阪市淀川区(十三駅(じゅうそう)から歩ける)

行った日:2019/11/23

廃墟になった日:不明

詳しく:ホテルルビーと読む。緑に囲われ営業はされていないが、管理はされている。

f:id:hiyapa:20191208181117j:image

ココ

 


*評価

 

怖さ:★★☆☆☆

廃れさ:★★☆☆☆

見つけやすさ:★★★☆☆

 

 

*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20191208180015j:image

 

突然ですがなんばにいた廃墟ガールです。関西圏といえば京都(その42:住居跡【京都府京都市】 - 廃墟ガールの廃ログその164:光華寮【真冬京都1/4】 - 廃墟ガールの廃ログ)や和歌山(その12:【ラピュタ島】友ヶ島【画像大量】 - 廃墟ガールの廃ログ)は記事にしたことがありますが大阪府はその際も経由地として使っただけでした。賑やかぎゅうぎゅうわいわい濃厚な土地のイメージがある大阪、その中に廃墟があるなんてギャップが大きそうで、わくわくします。

ついでにこの日、東京は大雨で、ろくに天気予報を見ずよく洗濯物を雨ざらしにしてしまうことに定評のある廃墟ガール、大阪ではこんなに大きな傘を持っているのが肩身狭くなるとは知りもしませんでした。


f:id:hiyapa:20191208180002j:image

 

じゅうさん、ではないようです。そう、と飲むようです。やはり地元には地元の難読地名、ということのようです。


f:id:hiyapa:20191208180437j:image

 

某大型商業施設と名前はおろかフォントや色づかいまでクリソツのラブホ入口を見かけながらずんずん進みます。


f:id:hiyapa:20191208180038j:image

 

角地の銀色がすでに当該物件です。後ろのローマも気になりますが、ルビーを観察しましょう。


f:id:hiyapa:20191208180005j:image

 

まずこちらの角度ですが、あまりラブホテル感はありません。


f:id:hiyapa:20191208180012j:image


f:id:hiyapa:20191208180035j:image

 

ただ壁をかけぬける緑のカーテン、枯れた蔦の悲しげな茶色、かつて管理する者たちが使っていた出入口に値するドアが一切管理されていないことより、廃れさを感じることができます。


f:id:hiyapa:20191208180052j:image


f:id:hiyapa:20191208180041j:image


f:id:hiyapa:20191208180433j:image

 

自動ドアがはまっていたげな構造です。なんとなくその205:店舗跡×2【クイーンシャトー近く】 - 廃墟ガールの廃ログを連想しました。人目を憚るのに演出として葉っぱカーテンがあったのなら、それもまた個性となるのかもしれませんが、足元の枯葉の集合などを見るにこの緑は自然発生でしょうし、やはり人の手が加えられなくなってからの時の流れ、ということになるのです。


f:id:hiyapa:20191208180028j:image


f:id:hiyapa:20191208180048j:image

 

ノブをなくしたかっての入り口には、まったく詳細の背景は知らない「パトロールカード」というものがお札かのごとく貼りめぐらされていました。なんでしょうか。


f:id:hiyapa:20191208180045j:image

 

こちらがエントランスです。このひらひら、ロゴ、そこまでラブホ特有の奇抜デザインではないものの、裏面から比較すると十分個性が出ています。(cf.地方ホテル→その97:ナポリの太陽【画像大量】 - 廃墟ガールの廃ログその130:ファッションホテル パステル - 廃墟ガールの廃ログその159:ホテル京都「&」 - 廃墟ガールの廃ログその160:「&」ホテルスイス - 廃墟ガールの廃ログエトセトラ)


f:id:hiyapa:20191208180058j:image

 

頭上はすぐにエレベータが伸びているのでしょうか。この縦に繋がりのある窓の部分、そうみえます。


f:id:hiyapa:20191208175955j:image

 

PARCOよりも洒落たロゴです。


f:id:hiyapa:20191208180020j:image


f:id:hiyapa:20191208180055j:image

 

現在は人間ではなく、三角コーンや白い植木鉢? 椅子? に大人気の店舗となっているようでした。


f:id:hiyapa:20191208180032j:image

 

 

*廃墟残

 

残りストック:2(よく考えたらピンチです)

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20191208175653j:image

 

そもそも、なぜ日帰りなんて弾丸スケジュールを組み、大阪へ向かったのかといいますと、はてなブログを介してお知り合いになった3名の方とお会いするためでした。わたしのはじめてのオフ会? はその105:住居跡【豊島区】 - 廃墟ガールの廃ログでしたが、こんなにみなさん良くしてくださるとは、ほんとうに感謝しかございません。大阪にてお会いいただいたKONMA08(id:konma08)さん、くお(id:cuLo)さん、うにげ(id:U4Q)さん、改めてお礼申し上げます。ほんとうに楽しくて笑ってばかりで帰りたくないひとときを、ありがとうございます。

ほかの方が書かれたものも貼っておきますので、ぜひご覧くださいませ。

 

u4q.hatenablog.com

 

www.konma08musuko.com

 


f:id:hiyapa:20191208175646j:image


f:id:hiyapa:20191208175649j:image

 

到着してからは電車を乗り継ぐか廃墟をお散歩するかしかしていなかったので、無事にThe大阪を堪能することができました。

 

f:id:hiyapa:20191208175740j:image

 

文学フリマ福岡の際にもしましたが(番外編:廃墟短編集【文学フリマ福岡】 - 廃墟ガールの廃ログ)、恒例「その場にいた者しかわからないを散りばめたおえかき」をここにも貼りつけておきます。四隅にいらっしゃるのがみなさまです。お好み焼きにはじゃがポックル串カツレジン殺人事件北海道では柑橘系の実がならない大柄な男性とGどちらに会いたいか前方後円墳は鍵穴かてるてる坊主に似ているなどなどが映っております。とても楽しかったです、ありがとうありがとうございます。

その244:【プチ冒険×廃ログ】居酒屋跡【板橋散歩4/4】

 

 

*基本データ

 

場所:東京都板橋区高島平6丁目(西高島平(にしたかしまだいら)駅から歩ける)

行った日:2019/11/09

廃墟になった日:不明

詳しく:隣接した2軒の居酒屋がどちらも閉店している状況。駅から徒歩0分。

 


*評価

 

怖さ:★★★☆☆

廃れさ:★★☆☆☆

見つけやすさ:★★★★☆

 

 

*あれこれ

 

ふと思い立って、プチ冒険』の地図子さん(id:chizuchizuko)との板橋散歩、これにて大詰めです。(cf.バックナンバー→その241:【プチ冒険×廃ログ】住居跡【板橋区散歩1/4】 - 廃墟ガールの廃ログその242:【プチ冒険×廃ログ】きのした商店【板橋区散歩2/4】 - 廃墟ガールの廃ログその243:【プチ冒険×廃ログ】高島第七小学校跡【板橋散歩3/4】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20191205230712j:image

 

東武練馬駅に集合しスリバチ地形をのぼりおりし、暗渠を2本めぐり、高島平団地まで来ています。

 

f:id:hiyapa:20191205230730j:image

 

水色の空は赤らみ、徐々に色を落としていきます。そろそろ写真は撮れなくなりますね。お開きにしましょうか?

 

f:id:hiyapa:20191205230645j:image


f:id:hiyapa:20191205230739j:image

 

いえいえ、地図子さんと廃墟ガールには途中棄権の考えは一切ございません。こんなに暗くなっても、まだまだお散歩です。相変わらずお喋りもやみません。夜の道路、綺麗です。


f:id:hiyapa:20191205230742j:image

 

そして都営三田線の最果て、「西高島平」駅に到達しました! 地図子さんのお話によると、埼玉県民が自転車でここまで来て、始発で都営線に乗って都内の企業まで出勤するケースもあるのだとか。池袋のように、都営線は県民によって支えられているかもしれません。わたしの出身地も県ですが、都営線の終点になっています。


f:id:hiyapa:20191205230655j:image

 

こちらは駅に併設した建物の眺めです。超優良物件かと思われますが、この有様でした。


f:id:hiyapa:20191205230702j:image

 

興奮に任せて写真を撮っていたようで、即真逆アングルのショットとなりました。ともかくシャッターがあります、ということが分かります。(cf.シャッター→その210:住居跡【世田谷区】 - 廃墟ガールの廃ログその232:コンクリート遺構【気まぐれ福岡/飯塚市】 - 廃墟ガールの廃ログエトセトラ)


f:id:hiyapa:20191205230727j:image


f:id:hiyapa:20191205230708j:image


f:id:hiyapa:20191205230734j:image

 

シャッターの上部両脇に構えられている突起に、お店ののぼりをかけていたのでしょう。


f:id:hiyapa:20191205230745j:image


f:id:hiyapa:20191205230749j:image

 

中も覗きましたら、黄色と黒の細長い棒がたくさん積まれていらっしゃいました。今は飲食店としてではなく、倉庫的に使われているのかもしれません。高島平のみなさんは嗜好品よりも安全第一、という堅実さをお持ちことなのでしょうか。(何もかも違います)


f:id:hiyapa:20191205230652j:image

 

お隣へ移りましょう。こちらのほうが、かつての手がかりがよく残っておいでです。


f:id:hiyapa:20191205230715j:image


f:id:hiyapa:20191205230658j:image

 

前回北千住をお散歩した際は「江戸前寿司」と看板に書いてある店舗跡を観察しましたが、まさかこちらも店名が「大衆酒場」、ということはないと思いたいものです。普遍性が止まりません。(cf.江戸前寿司その228:【プチ冒険×廃ログ】店舗跡【北千住さんぽ3/4】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20191205230724j:image

 

ご立派な門があつらえてございました。この瓦の色、なかなか見ない色です。


f:id:hiyapa:20191205230718j:image

 

その243にあったへびさんの暗渠遊具のように曲線美と浮遊感が美しいコードはこちらです。(cf.コード雑技団→その185:忠治庵【群馬県太田市】 - 廃墟ガールの廃ログその234:荒木商店【気まぐれ福岡/飯塚市】 - 廃墟ガールの廃ログエトセトラ)


f:id:hiyapa:20191205230721j:image

 

こんなに暗くなっても自身の好きなものに一直線のわたしたちでございました。


f:id:hiyapa:20191205230647j:image

 

そして、フォントのかわいい駅構内に入り、都営地下鉄の始発点は地下ではないことを実感し、13時に集合してからへびさんに一瞬座った以外、はじめて、腰を落ちつけたのでした。この日も歩数は2万歩超えです。地図子さん、今回もありがとうございました♡♡


f:id:hiyapa:20191205230705j:image

 

 

*廃墟残

 

残りストック:3

 

 

*おまけじゃない

 

そんな、わたしが廃墟で立ち止まろうとも、怪しい物件に近づこうとも、怪しくて違ったときに温度低く話そうとも、と思いきや鉄塔やアイスや目の前のものに気をとらわれようとも、大爆笑して受け入れてくれる優しき美女地図子さん、なんと年明けに個展を開かれるそうです!

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

詳細はこちらに書かれていらっしゃいます。(地図子さん、この記事で良かったですかね)ご予定合う方、ぜひぜひ足を運んでみてくださいませ。廃墟ガールもどこかでひっそりお邪魔するかもしれません。