廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その179:若草荘【足立区】

 

 

*基本データ

 

場所:東京都足立区新田2丁目

行った日:2019/03/10

廃墟になった日:不明

詳しく:環七通り沿い、社員寮のもよう。解体が決定している。

 

 

*評価

 

怖さ:★☆☆☆☆

廃れさ:★★☆☆☆

見つけやすさ:★★★☆☆

 

 

*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20190417202932j:image

 

通称環七通り、都道318号の坂を登ったり降りたりしながら、サイクリングしました。ゆくさきは前回からすこしずつお世話になっている足立区です。(cf.足立区→その174:住居跡【足立区】 - 廃墟ガールの廃ログ&その176:ワールプールランドレット【▽】 - 廃墟ガールの廃ログ)

お散歩日和のあたたかい時間帯にお邪魔できた3角度からお送りします。

 

ひだり


f:id:hiyapa:20190417203004j:image


f:id:hiyapa:20190417202952j:image

 

低めの位置に電線があるようで、うまいこと写りこんでいます。壁の色は前回その178:神宮前隠田区民会館 - 廃墟ガールの廃ログに似たくすみピンクです。ことしのトレンドなのかもしれません。


f:id:hiyapa:20190417203008j:image

 

前回のメモでは螺旋階段が美しかったですけれど、折り返しの階段も捨てがたいです。というか外階段には問答無用の形式美がありますね。


f:id:hiyapa:20190417203001j:image


f:id:hiyapa:20190417202937j:image

 

もうすぐそこに解体の手が迫ってきております。(cf.解体なう→その163:大丸屋【解体中】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190417202922j:image

 

こちら、今回のメモでのベストショットです。ああもう、標識と電柱、なんならこの角度ですと廃墟要素はほぼゼロなのですが、たまりませんね‥‥ため息が出ます。廃墟ガールは廃墟でなくとも標識や電線や電柱も大好物なので、こんな眺めは萌です。わたしが男で零崎一賊だったらまっさきに零崎標識と名乗っています。

 

 

まえ


f:id:hiyapa:20190417202942j:image

 

おかおです。左下にご注目ください。寄りますと――


f:id:hiyapa:20190417202914j:image

 

このガラスはどこのなに用でしょうか。若草荘の付属品なのか不法投棄なのかすら不明です。(cf.イスの背もたれが落ちてる→その128:ホテルニュー鳴門【画像大量】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190417202946j:image


f:id:hiyapa:20190417202949j:image

 

若草荘の名札もきちんと左胸につけていらっしゃいます。ガラスのむこうはイスや棚などが雑多に詰んでありましたが、素敵な昼下がりの晴れ間にiPhoneを構えて閉まっている社員寮を覗きこむ不審者になる勇気はありませんでした。

 

みぎ


f:id:hiyapa:20190417202957j:image


f:id:hiyapa:20190417203012j:image

 

圧巻です。室外機、物干し竿、洗濯機用の蛇口、窓、薄ら写るカーテン、朽ちる床、降り注ぐ電線、文句のつけようがございません。


f:id:hiyapa:20190417202919j:image


f:id:hiyapa:20190417202927j:image

 

解体のお知らせが貼ってありますので、こちらもそう長くはありません。またひとつ刹那をとらえることができ、大満足の週末でした。

(cf.横型アパートその154:廃アパート【練馬区】 - 廃墟ガールの廃ログその171:炭火焼鳥くら蔵どん呑 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

 

*廃墟残

 

残りストック:2(‥‥)

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20190417214035j:image

 

おめかしをしたお年頃のポールです。(おまけが思いつかず唐突な写真を貼り逃げ)

その178:神宮前隠田区民会館

 

 

*基本データ

 

場所:東京都渋谷区神宮前6-31-5

行った日:2019/03/21

廃墟になった日:2019年内か

詳しく:施設老朽化のため閉鎖されており、神宮前6丁目再開発計画により取り壊しが決定している模様。

 

 

*評価

 

怖さ:★★☆☆☆

廃れさ:★☆☆☆☆

見つけやすさ:★★★★☆

 

 

*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20190414204208j:image

 

この通りの手前は原宿と渋谷をつなぐ大きな道です。ここのすぐ近くもおしゃれなキッチンカーがカレーを売り、カフェや古着屋がめいっぱいの色彩で連ねています。


f:id:hiyapa:20190414190219j:image

 

前回のその177:中島氷室 - 廃墟ガールの廃ログもそうですけれど、繁華と喧騒のなかにこんな保護色があるのはよけいにそそられますね。


f:id:hiyapa:20190414190115j:image

 

区民会館ということですので、この地域の自治体のさまざまなとりきめは、ここで稟議があがり、ここで採決され、ここで制定されたのでしょう。


f:id:hiyapa:20190414190214j:image

 

廃墟の掲示板というとなにも貼っていないさらの状態をよく目にしますが、こちらはお近くの地域のものも入っているからか、最近まで使われていたからか、まだまだカラフルです。(cf.無掲示板→その30:社会保険庁跡地 - 廃墟ガールの廃ログその45:キオスク赤羽8号店跡地 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190414190136j:image


f:id:hiyapa:20190414190131j:image

 

たいそうご立派に育った螺旋です。まだガールでもないほどに小さい頃、螺旋階段のある家に住むのが夢でした。いまはメゾネットに住むのが夢です。(cf.螺旋→その45:キオスク赤羽8号店跡地 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190414190140j:image

 

違う角度から見ますとすこしがございます。住居でも店舗でもない建物ですので、学校に似たつくりにも見てとれます。低いところと高いところ、でこぼこのシルエットです。左下のが差し色ですね。


f:id:hiyapa:20190414190126j:image


f:id:hiyapa:20190414190106j:image

 

入口です。廃墟、といえるほど使わなくなってから日の浅いものですから、とてもきれいです。きっと区民会館は当番制でお掃除など、あるのでしょうね。


f:id:hiyapa:20190414190210j:image

 

もちろん入れません。観光なのか留学なのか、聞こえてくるのは英語が多く、国際的な渋谷のど真ん中からじっと眺めるのみです。


f:id:hiyapa:20190414190111j:image

 

そろそろネットでおおわれ、建築計画が貼られ、取り壊されてしまうのでしょう。いわゆる「廃墟」然とした姿はそこまで感じられないかもしれませんが、刹那を切り取れたので、良しということにしておきます。

そして、本件も都内廃墟創造スキルを持った(持ってない)トーキョーマスターからの教えでございました。聞くといくらでも教えてくれるので、たぶん創造しています(していない)


f:id:hiyapa:20190414190316j:image

 

 

*廃墟残

 

残りストック:3

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20190415072007j:image

 

以前に、家にある廃墟が出てくる漫画をまとめてメモしてみたことがありましたが(cf.番外編:部屋にある漫画の廃墟を探してみるメモ - 廃墟ガールの廃ログ)、先日おすすめをしていただき、廃墟ばかりの世界をゆくアニメを見ています。目の保養です。

 

 

 

その177:中島氷室

 

 

*基本データ

 

場所:東京都渋谷区円山町3丁目(渋谷区駅から歩ける)

行った日:2018/03/16

廃墟になった日:不明

詳しく:2019/03/22~2019/04/13の工期にて解体。

 

 

*評価

 

怖さ:★★☆☆☆

廃れさ:★★★☆☆

見つけやすさ:★★☆☆☆

 

 

*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20190409221300j:image

 

大都会東京の、ビルやイルミネーションやはやりの色彩の合間に、隙間を縫うようにぽつんとある廃墟たちを見つけるのが得意なトーキョーマスターというお友達がおりまして、いまやこのブログの貴重な情報源、いつもありがとうございますなのですが、こんかいも例に漏れず、そちらの筋からの物件でございます。一文が長いです。


f:id:hiyapa:20190409221253j:image

 

横から見ると、前から見るほどには背の高くない建物ということが分かります。


f:id:hiyapa:20190409221313j:image

 

雨戸と戸袋のセットがコピーペーストされているのがかわいいです。そして全身を枯れ蔦が張り巡っています。


f:id:hiyapa:20190409221249j:image

 

お顔はこのような塩梅です。氷室、は氷屋さんを示す屋号なのですね。クールです。


f:id:hiyapa:20190409221238j:image

 

みんなの味方養生テープです。現役のときはこの枠組みに布が張ってあったのでしょう。(cf.養生テープ→その48:住居跡【板橋区】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190409221319j:image

 

シールと錆、落書きと蔦、スプレーとコード、今昔渋谷の攻防戦が読みとれる1枚です。


f:id:hiyapa:20190409221309j:image

 

書いているのは4/9ですので、そろそろ解体し終わってしまうでしょう。


f:id:hiyapa:20190409221304j:image


f:id:hiyapa:20190409221327j:image

 

反対側です。隣はどうあがいでも建造物をつくりこなせなかったちいさな敷地を公園とは名ばかりのもてあまし空間にしてしまった場所となっていました。自転車がたくさんとまっていました。人もたくさん通っていました。喧騒の中で解体しきるまでじっと佇むこの子の前に定点カメラでも置いたらおしゃれなドキュメンタリィなど、できそうです。


f:id:hiyapa:20190409221323j:image

 

絵になります。

 

 

*廃墟残

 

残りストック:4

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20190409231207j:image

 

細い枝葉のうねうね坂道は尾道のようで、歩きがいがありますね。どこまででも細い道をすすんで選んでしまいたくなるような魅力があります。(cf.その71:住居跡【広島県尾道市】 - 廃墟ガールの廃ログ)