廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その189:【iPhone推奨】店舗跡【東京都豊島区】

 

 

*️⃣🗂

🧭➡️ 🇯🇵🗾🗼

🗓➡️ 2⃣0️⃣1⃣9⃣ 0️⃣5️⃣ 0️⃣2️⃣

📅🏚➡️ 🤔❓

🗾➡️

f:id:hiyapa:20190522201256p:image

🔵☝️🈁

 

*️⃣🏆

😨➡️ ⚫⚪⚪⚪⚪

🏚➡️ ⚫⚪⚪⚪⚪

👁➡️ ⚫⚫⚫⚪⚪

 

 

*️⃣📋

 

f:id:hiyapa:20190522202822j:image

 

🚥⛔️🚲☝️ 🏚


f:id:hiyapa:20190522202806j:image

 

🚪🚷


f:id:hiyapa:20190522202757j:image

 

🤳🏻🎩👞📱💥


f:id:hiyapa:20190522202801j:image

 

🙄❓🚨❓


f:id:hiyapa:20190522202817j:image

 

🎍🚧


f:id:hiyapa:20190522202825j:image

 

🏘🖼☀️


f:id:hiyapa:20190522202811j:image

 

🆒↗️🥰😍😘

 

 

*️⃣🔜

 

📝🏚➡️ 7⃣

 

 

*️⃣🔚

 

f:id:hiyapa:20190522202839j:image

 

👓🚿💦✨🤓

 

f:id:hiyapa:20190522222318j:image

 

🙇😥🙏

その188:ガソリンスタンド跡地【千葉県千葉市】

 

 

*基本データ

 

場所:千葉県千葉市稲毛区園生町848(そんのう)

行った日:2019/05/01

廃墟になった日:不明

詳しく:その187:住居跡【千葉県千葉市】 - 廃墟ガールの廃ログの近く。もともとはガソリンスタンド、その後貸倉庫のような施設だったが閉業。

 

 

*評価

 

怖さ:★★☆☆☆

廃れさ:★★☆☆☆

見つけやすさ:★★★☆☆

 

 

*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20190519211722j:image

 

その187に続き千葉市よりお届けします。園生でそんのう、と読むそうです。難読地名ですね。(cf.難読地名→その166:田代会館【真冬京都3/4】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20190519211844j:image

 

小川には鳩さんが休憩していました。そしてあいにくの模様です。空がぼんやりしてまいりました。こんな色の空が1番好きですので、良い空です。廃墟を撮るのには適していないかもしれませんが‥‥。


f:id:hiyapa:20190519211813j:image


f:id:hiyapa:20190519211836j:image

 

なるほど、見れば見るほどガソリンスタンド然としておりますね。(cf.仲間→その26:ガソリンスタンド跡地【岐阜県養老郡】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190519211854j:image

 

数ヶ月前はこんなこじんまりとしておらず、もう少し茶色がほうぼうに散らばっていたようでした。見に行ったときにはそろそろ終わりが――いえ、建物としてはもう終わっているのかもしれないですけど――近いかもしれません。


f:id:hiyapa:20190519211824j:image


f:id:hiyapa:20190519211847j:image

 

横長のシルエット、日本各地で見かける安心感です。「車検」、の文字が確認できますね。落ちたり剥げたりしている木は店舗自体を囲っているそもそも閉業してから足された部品ですが、それすらこの有様です。自然劣化かイタズラかは不明ですね。


f:id:hiyapa:20190519211816j:image

 

小高くなっている側面です。三角形にも似た敷地のようです。(cf.▽→その176:ワールプールランドレット【▽】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190519211831j:image

 

パンくず以外のものなら捨てても良いのでしょうか‥‥??(駄目です)


f:id:hiyapa:20190519211839j:image

 

さらに背面へまわります。背中は緑によって守られていらっしゃいます。


f:id:hiyapa:20190519211850j:image

 

ゴミステーションがあるようです。さらに、見上げてびっくりしました、


f:id:hiyapa:20190519211827j:image

 

右の電柱には不安と心配しか生まれません。よく見ると電線が走っているのは左だけで、右はその全体重を左に預けるのみです。以前は使われていたのでしょうか。いつか倒れるときは奥へなだれてほしいものです‥‥。


f:id:hiyapa:20190519211820j:image

 

ぐるりとまわり、観察は終わりです。つぎここへ来た際には、もう更地になっているかもしれませんね。

 

 

*廃墟残

 

残りストック:8

 

 

*おまけ

 

こちらの情報は、旭ちゃんという子からいただきました。本名でなければなんでも良いと言ってくれたので、またこのブログに出てくることを期待し、ここではそうメモすることにします。よろしくね

以前、わたしは茨城県に住んで、空き家か否か見分ける職人芸を生業としていたことがあるのですが、旭ちゃんはその仲間です。(語弊しかない)その61:フレンドショップにいはり - 廃墟ガールの廃ログその62:住居跡【茨城県小美玉市】 - 廃墟ガールの廃ログも一緒にお散歩してくれました。

 

f:id:hiyapa:20190519214458j:image

 

いまでは2人とも職人からは足を洗い(違いますよ)、それこそInstagram映えするようなお喫茶をはしごし、ぺちゃくちゃ延々とお喋りする会を催す仲です。こちらは埼玉県は大宮にございます、ジブリ作品にでてきそうな24時間営業の喫茶店でした。

その187:住居跡【千葉県千葉市】

 

 

*基本データ

 

場所:千葉県千葉市稲毛区

行った日:2019/05/01

廃墟になった日:不明

詳しく:

f:id:hiyapa:20190516201728p:image

このへん

 

 

*評価

 

怖さ:★☆☆☆☆

廃れさ:★★☆☆☆

見つけやすさ:★★★☆☆

 

 

*あれこれ

 

廃墟ガールは千葉県出身です。

(cf.馴染みある廃墟→その2:住居跡【千葉県松戸市】 - 廃墟ガールの廃ログその79:住居跡【松戸市】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20190516201945j:image

 

しかし千葉も縦長のため、まだまだ知らないところはたくさんあります。(cf.下の方の千葉→その7:廃旅館【千葉県夷隅郡】 - 廃墟ガールの廃ログその131:行川アイランド&行川小学校 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190516201949j:image

 

こちらは実家に帰った際、なんと母親をドライブに引きずりまわしてお散歩したときに見つけたものです。


f:id:hiyapa:20190516201952j:image

 

お犬様のお顔は無に還っていってしまいました。(cf.貼紙を禁ず→その88:山手荘 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190516202000j:image


f:id:hiyapa:20190516201930j:image

 

背の低い借家が続きます。かわいらしいです。緑も溢れています。


f:id:hiyapa:20190516201934j:image


f:id:hiyapa:20190516201937j:image

 

窓の外に立てかかっていた竹垣はこのざまです。か、防ぐための立てかけだったはずか、立てかけ自身が障害物になっています。


f:id:hiyapa:20190516201941j:image


f:id:hiyapa:20190516201923j:image

 

もちろん入ってはいけません。


f:id:hiyapa:20190516202005j:image


f:id:hiyapa:20190516201926j:image

 

不思議な配置をしています。ぽてっとしたシルエットが愛らしく、いつかこういった借家に住んでみたいと思っていたこともあります。団地同様、限られた間取り、広さの中で多種多様の活用法を見ることができる点で、とても興味があります。


f:id:hiyapa:20190516201956j:image

 

前回(その186:【画像大量】アドベンチャーランド跡地【ジャパンスネークセンター】 - 廃墟ガールの廃ログ)きちんと書きすぎて力尽きたため、薄いメモとなってしまいました。しかしまだまだ続きます。

 

 

*廃墟残

 

残りストック:9

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20190516201412j:image

 

なにかおまけを‥‥とカメラロールを漁った結果、家族でバーにて乾杯した写真にて終了です。手の込んだ1杯が飲めるのでバーは好きですが、いつも「フルーツ何ありますか? あっじゃあキウイで炭酸なしでおすすめ作ってください」みたいなやけに通ぶって痛い頼み方しかしない上、海外作家を敬遠するくらいカタカナがほんとうに覚えられないので、カクテルの名前が一生覚えられません。