廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その165:住居跡【真冬京都2/4】

 

 

f:id:hiyapa:20190221203351j:image

真冬京都バックナンバー→その164:光華寮【真冬京都1/4】 - 廃墟ガールの廃ログ

 

 

*基本データ

 

場所:京都府下京区御影堂町(みえいどう)

行った日:2019/02/09

廃墟になった日:不明

詳しく:トヨタレンタカー五条大橋店の隣

f:id:hiyapa:20190221202520p:image

 

 

*評価

 

怖さ:★★☆☆☆

廃れさ:★★☆☆☆

入りやすさ:☆☆☆☆☆

 

 

*あれこれ

 

前回のメモから京都におります。混雑を極める大大好きな伏見稲荷大社の千本鳥居へは行けず、この日のために朱色に染めた爪とお狐様をツーショットさせるにとどまりました。

 

f:id:hiyapa:20190221203729j:image

 

3連休でしたので余計にともかくどこも大人気です。拝観料がかかることもあって(というか普段廃墟ばかりお散歩しているので)神社は好きでも寺院はあまり気乗りしません。そうしてふらふらしていると、こちらにたどりついたのでした。


f:id:hiyapa:20190221203714j:image

 

周りは背の高い建物が多い、交差点の一角です。不思議な接ぎ木がしてありました。


f:id:hiyapa:20190221203736j:image

 

メータはたしか止まっていたと思います。去年目標にしていた「コンタクトを作る」が無事未達に終わったため、曇り空ではこの位置まで近づけたとしたって見えるか分からないほどです。(作れや)

(cf.バロメータその65:赤羽台団地39号棟跡地 - 廃墟ガールの廃ログ)

(cf.去年の目標→その106:東京スポット北池袋店 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190221203700j:image

 

シャッターの膨らみ具合はその67:店舗跡(モリヤ人形店隣)【川越浪漫散策2/3】 - 廃墟ガールの廃ログとそっくりで既視感があります。


f:id:hiyapa:20190221203724j:image


f:id:hiyapa:20190221203705j:image

 

見方を変えて住居側の入口であろうドアです。幾重ものレイヤが重ねられてこの画になっているのが分かるかと思います。少し前に流行した異素材ミックスというやつでしょうか。


f:id:hiyapa:20190221203710j:image


f:id:hiyapa:20190221203718j:image

 

シャッターの巻き取り部分がみたいでかわいらしいです。

 

そして、関東に帰ってきてから気がつきました。この物件はトヨタレンタカー五条大橋店の隣にあります。

トヨタレンタカー五条大橋店の隣です。なんと、地図子さん(id:chizuchizuko)が京都に行くわたしのために教えてくださったところだったのです!!!!

今回の京都は廃墟がメイン目的ではなく、行けるか微妙でしたので道中はあまり意識しておりませんで、検索したらばっちりこちらだったというわけです。無意識下でも教えていただいていた情報に則って廃墟に吸い寄せられていたということにしておきます。地図子さん、廃校はダメでしたがここは見に行けました! ありがとうございます!

 

 

*廃墟残

 

残りストック:4

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20190221203607j:image

 

ふらふらしていた原因として、比叡山展望閣へ行こうとしていましたが、びっくり冬の比叡山へは行けないのですね。ロープウェイがやっていませんでした。調べてからいけよって話ですね。

その164:光華寮【真冬京都1/4】

 

 

*基本データ

 

場所:京都府京都市左京区北白川(京都大学の近く)

行った日:2019/02/09

廃墟になった日:2010年か

詳しく:元々は京都帝国大学が管理していた中国、台湾からの留学生向け学生寮を別団体が買い取ったのち廃墟になった建物のもよう。

 

 

*評価

 

怖さ:★★☆☆☆

廃れさ:★★★☆☆

入りやすさ:☆☆☆☆☆

 

 

*あれこれ

 

本物の京都です。(cf.偽物→その159:ホテル京都「&」 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20190217183707j:image

 

2月つまり真冬の京都って行ったことがなく、では、そうだ、といった軽い動機から新幹線を予約しました。(cf.前回の京都→その42:住居跡【京都府京都市】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20190217185454j:image

 

雪を免れた白んだ空が続く1件目、京都大学の近くにあります。むかし学園祭に行って実に面白いドラマに出てきたプラネタリウムに入ったり、時計塔を見て責任者はどこか! と問うてみたり、学食を食べにきたりしたことがありますが、近くに廃墟があるなんてその頃はつゆ知らずでございました。

 

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

 


f:id:hiyapa:20190217185434j:image

 

柵があって入れませんけれど、外から眺めていたってなかなかの大きさです。学生寮の背景も手伝って、この柵の中だけ軍艦島のように組織だった退廃世界が広がっているのかとも思えてしまいます。


f:id:hiyapa:20190217185411j:image


f:id:hiyapa:20190217185438j:image

 

別にここはあとから増築したり改築したりしたんではなく、はじめからこの構造と知っていても、はみ出した外階段や不規則な高低差を持ったL字型を見るとわくわくするものがあります。


f:id:hiyapa:20190217185501j:image

(cf.ここだけ見ると似ている→その73:うずしお観光ビル - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190217185431j:image

 

入ってはいけません。が、飲み会後の大学生やYouTuberサークル(そんなものがあるのか知りませんが)の大学生がお邪魔した事件があったのかもしれません。(cf.ダメ絶対→■ - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190217185421j:image

 

柵の中はひとつの世界が広がっていそうです。見られるのはここまでです。


f:id:hiyapa:20190217185407j:image

 

ぐるりとまわって別角度から見られる道に入りました。別の学生マンションが乱立する中、これは存在感があります。もっとも使われていない建物がもっとも目立つのは皮肉な話です。


f:id:hiyapa:20190217185442j:image


f:id:hiyapa:20190217185450j:image

 

何度も書いていますが電線や電柱は正義ですね。加えて曇り空と廃墟のオプションもつけ、大奮発です。冬のボーナスも入りましたしね(?)


f:id:hiyapa:20190217185426j:image


f:id:hiyapa:20190217185416j:image

 

こちらもきちんと柵で世界が封じられています。


f:id:hiyapa:20190217185446j:image

 

窓や扉、かったりかったり茶色かったりして、見ていて飽きません。(cf.窓の個性→その48:住居跡【板橋区】 - 廃墟ガールの廃ログその154:廃アパート【練馬区】 - 廃墟ガールの廃ログ)

この日関東では雪が降るかも、と予報された寒い日でしたが、京都は思ったほど寒くはありませんでした。一発目に乗った市バスが電柱にミラーをぶつけて強制降車するなどからはじまる真冬京都、少し続きます。

 

 

*廃墟残

 

残りストック:5

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20190217183426j:image

 

住んでいたことのある茨城には1年に2~3回行っているとしたら、なんだかんだで京都には2~3年に1度は来ています。以前このブログ内のどこかの記事にも書いたかもしれませんが、彫刻や植物園など圧倒的なものに畏怖してしまう習性の変形として、夜の鴨川デルタにある亀型の飛び石恐怖症を患っておりまして、こんかいは幸いにして曇天とはいえ日中のお邪魔となったため症状は出ずに亀さんと戯れることができました。

その163:大丸屋【解体中】

 

 

*基本データ

 

場所:東京都北区上十条(JR十条駅から歩ける)

行った日:2018/02/03

廃墟になった日:不明、おそらくもう解体済

詳しく:おそらく何かしら(そば屋あたり可能性高。)の飲食店兼住居であった物件。お店自体は長く休業していたが、この度物件ごと解体が決まった。

 

*評価

 

怖さ:★☆☆☆☆

廃れさ:★★★★★

入りやすさ:☆☆☆☆☆

 

 

*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20190213201829j:image

 

解体なうです。(もう「なう」は死語ですね)

解体を間近に控えた物件なら、何度かお目にかかったことはありますし、すでに更地となっている間に合わなかった場所も何度も目にしておりますが、今ここでまさに、というのはそうおいそれと目の当たりにできるものではございません。

(cf.直前→その31:高山マンション跡地 - 廃墟ガールの廃ログその99:WHITE CONG跡地【解体秒読み】 - 廃墟ガールの廃ログ)

(cf.事後→その18:上野公園こども遊園地跡【撮れ高不足】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190213201814j:image

 

本日2019/02/14現在、google先生で検索するとシャッターのおりたその外観を確認することができます。手前にあった店舗の部分はすでに消えており、住居であった部分も重機の毒牙(語弊あり。解体は悪ではない。)にかかっているもようです。


f:id:hiyapa:20190213201808j:image

 

本来は建物の端に隠れていたであろう消火器も存在を露わにしていらっしゃいます。


f:id:hiyapa:20190213201818j:image


f:id:hiyapa:20190213201823j:image

 

つぎここを通れば、埃っぽい風も放り出された瓦礫もがらんどうなのでしょう。朽ちゆく廃墟の流れは絶えずして、しかももとの建物にあらずですね。(なんて?????)無常観代表、その瞬間を眺められて何よりです。

そして日付が変わるこの瞬間、去年に引き続きガールからまた1歩遠ざかることになりました。1年あっちゅう間ですし、この空間に懲りずに飽きずにまだいられているということがもう奇跡です。みなさまいつも大変お世話になっております(染みついた社畜常套句)(cf.去年→その70:店舗跡【広島県尾道市】+廃墟探検願カードをつくりました - 廃墟ガールの廃ログ)

 

 

*廃墟残

 

残りストック:4

 

 

*おまけまんが

 

f:id:hiyapa:20190213214358j:image

 

f:id:hiyapa:20190213214447j:image

 

コピー用紙でも、大学ノートでも、原稿用紙でもチラシの裏でも、おえかきすることが大好きで、小さい頃の将来の夢は漫画家でした。いまはもう歳をとって擦りきれた廃墟ガールですので、このクオリティでよく言うwwwwと卑屈になっていますが、そのくせにつくることは相変わらず好きで、このクオリティでもまだ描いているわけでした。今年は、キラキラ夢を見ていた頃から長い付き合いのこの子たちのお話をもう少し描ければななんて目論んでおります。ですのでバレンタインに毎年らくがきしているやつをここに持ってきてみました。今後Twitterに4枚ずつ載せたりpixivに載せたりするかはまだ分かりません。ここのところの創作物のお披露目はこのブログ上ですので、ここにあげられれば1番良いかなとは考えていますが、廃墟が全く関係ありません。どうなることやらです。

 

f:id:hiyapa:20190213214905j:image

 

お目汚し失礼いたしました。