廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その16:歯科医院跡地【東京都】

 

 

*基本データ


場所:東京都板橋区
行った日:-
廃墟になった日:不明
詳しく:国道沿いです。散歩してたらあった。
 


*評価


怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★☆☆☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

 

詳細に書いた通りなんですが、探検していたらありました。

 

 f:id:hiyapa:20170820195215j:image

 

突然の緑。

 

f:id:hiyapa:20170820195201j:image

 

ツタがすごいです。

 

手前には銀色のチェーンが張ってあります。

 

f:id:hiyapa:20170820195322j:image

 

正面から見るとこのような景観です。

 

まったくこの建物の背景はわからないので、写真だけ載せるにとどめます。

 

 f:id:hiyapa:20170820195912j:image

 

ただ、ここを通るのは1度ではないのですが、以前に通りかかったときにチェーンを跨いで入口であったであろうこの扉までずんずん進み、ドアをガンガンガンと乱暴に開けようとしていた方の姿を見かけたことがありまして、その光景にひっそりと戦慄しました。

 

(看板の診療時間内だとしても、おそらく入れないでしょう‥‥)

 



その15:旧下谷小学校【東京都台東区】

 

 

*基本データ


場所:東京都台東区(上野駅から歩ける)
行った日:2017/07/22
廃墟になった日:1990年閉校
詳しく:1928年に竣工、「下谷小学校」として開校。途中で清島小学校と合併し「上野小学校」と名を改めるも上記の年に閉校。現在は職員クラブとして使われている。避難場所。
 


*評価


怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★☆☆☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

 

上野が勤務地だったことがあるのですが、まったく知りませんでした。

 

(インターネットで「都内 廃墟」と打って出てきたので知りました。お恥ずかしながら‥‥)

 

中まで入れれば最高なのですけれどね。

 

f:id:hiyapa:20170815144400j:image

 

上野駅から浅草まで歩く道の途中を1度曲がって、しばらく進むといきなり出てきます。

 

f:id:hiyapa:20170815144507j:image

 

いかにもという外観ですね。

 

f:id:hiyapa:20170815144538j:image

 

現在も使用されているとあり、管理は厳重でこの写真も柵の上に手を伸ばして撮ったものなので、外見を楽しむ廃墟になります。

 

ただ、都会の真ん中でビルとのツーショットができるレトロな建物――それも「レトロ風」と狙って造ったものではありません、ごく自然に朽ちていった建造物です――は、なかなかないのではないでしょうか。

 

f:id:hiyapa:20170815144758j:image

 

f:id:hiyapa:20170815145614j:image

 

現代建築にはなさそうな窓の形です。配管とツタがまたいい感じに絡まっているので思わず撮った1枚となります。

 

f:id:hiyapa:20170815145708j:image

 

裏側がこれまためちゃくちゃで素敵でした。

 

昔から上野→浅草と散歩もかねて、合羽橋経由で歩いて移動することが何度かあって、今後もそのコースを辿る際には寄り道して眺めてからいこうと思います。

 

f:id:hiyapa:20170815145853j:image

 

屋上の柵の網目、放送の流れるスピーカー、錆きったバスケットボールの枠、慣れ親しんだものたちのはずなのに自分たちの思い出よりも古く寂れていて、小学生の頃からそんなに時って経ったかなと、錯覚を起こさせてくれる場所です。

 


*おまけ

 

浅草では「東京蛍堂」という雑貨屋さんが大好きです。

 

f:id:hiyapa:20170815150231j:image

 

一人前のモガになれるように、浅草に行ったときには必ず寄ります。

 

(そろそろ廃墟ストックがなくなります! 仕入れてこなければなりません。)

その14:ブラックマンション 【茨城県笠間市】

 

 

f:id:hiyapa:20170814164014j:image

#ほんとはめっちゃ暑い

 

 

*基本データ


場所:茨城県笠間市
行った日:2017/07/16
廃墟になった日:1990年代
詳しく:9階建ての予定で建築が始まったが、バブル崩壊の影響で3階まで建築が終わった段階で業者撤退。L字型のマンションであり、短辺と長辺の合流地点にはエレベーターも建設予定だった。

 


*評価


怖さ:★★★☆☆
廃れさ:★★★☆☆
入りやすさ:★☆☆☆☆
 


*あれこれ

 


📍の場所です。

ちょっと調子にのってiPhoneをフランス語仕様にしているのでフランス語表記になっていますが、近くの「岩間保育園」を目印に行くといいと思われます。車もわりとギリギリまで乗っていけます。

 

f:id:hiyapa:20170814164649j:image

 

少しだけ勾配のある未舗装の道を上っていくと前方に突如現れます。

 

実は反対側は国道355号線で、交通量もわりと多く、わたしもそこから車で来たのですがいかんせん緑に覆われていて、しっかり見ていないと廃墟とは気づかないさりげなさです。

 

f:id:hiyapa:20170814164947j:image

 

建設途中、永遠未完成、初めから廃墟の通称「ブラックマンション」のお目見えです。

 

です、が。当たり前に管理されているわけではないので、道とマンションの間は緑と虫が生い茂っています

 

f:id:hiyapa:20170814165254j:image

 

覚悟を決めてずんずん進みまして、拓けた丸い広場のようなところからの眺め。

 

f:id:hiyapa:20170814165341j:image

 

左向け左

 

f:id:hiyapa:20170814165408j:image

 

右向け右

 

という具合です。基盤しかありません。窓やドアは枠のみです。乙な残り方をしているものです。

 

f:id:hiyapa:20170814165525j:image

 

f:id:hiyapa:20170814165549j:image

 

配管もありませんので、穴が残っています。

 

f:id:hiyapa:20170814165623j:image

 

f:id:hiyapa:20170814165638j:image

 

こちらは1号室分の空間です。残念ながらなにかしらの集会が頻繁に行われているようで、ゴミや落書き、自転車やイスが景観にスパイスを加えています。

 

f:id:hiyapa:20170814165823j:image

 

f:id:hiyapa:20170814165914j:image

 

なにかの撮影に使えそうです。もしかしたらコスプレイヤーの方々にすでに御用達なのかもしれません。

 

f:id:hiyapa:20170814170027j:image

 

f:id:hiyapa:20170814170111j:image

 

屋上ではなく、3階の天井、4階の床部分です。

 

ここまでで夢半ば建設がストップしてしまったことが、むき出しの鉄骨でよく分かります。

 

f:id:hiyapa:20170814170351j:image

 

造りこそほんとうになんの変哲もないマンションなのですが、未完成であることでこんなにも個性を得て、(ある一定の層から)注目されるようになるとは皮肉なものですね。

 


*おまけ

 

廃墟だから、なんの文句も言えないのですが。

 

おそらく、深夜の集会のほか、サバゲーにも使われていそうでした。BB弾も落ちていました。

 

各部屋の壁面は無骨な灰色(ブラックマンションだから黒色?)のことは少なく、どぎついいろんな色のスプレーでアートが施されていました。

 

f:id:hiyapa:20170814170629j:image

 

右奥、あの国民的人気劇場アニメのヒロイン、ミツハもいました。(描くならもうちょっとかわいく描いてくれてもいいのに‥‥)

 

まさしく異文化廃墟のこの場所も、他と同じく今後の管理が問題になっていくのでしょうね。

その13:奥多摩湖ロープウェイ

 

歴代で今のところ1番好きな廃墟かもしれないです。

 

 f:id:hiyapa:20170810202337j:image

 

 

 *基本データ


場所:東京都西多摩郡奥多摩町
行った日:2017/05/04
廃墟になった日:1966年
詳しく:正式名称「川野ロープウェイ」。1962年に作られたのち1694年近所に同じルートをたどる橋が造られ需要が激減。管理会社の実態が掴めず、撤去に踏み出せないいわくつき。
 


*評価


怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★★★☆☆
入りやすさ:★★★★★(みどうさん口のみ)
 

 

*あれこれ

 

弱虫ペダルのような集団や、ハーレイダビッドソンのオフ会のような集団をのけつつ、くねくね山道を幾多のトンネルをくぐり進んでいくと、「奥多摩湖レストセンター」という場所につきます。

 

f:id:hiyapa:20170810201713j:image

 

まずはここをナビに入れて目指していくといいですね。

 

f:id:hiyapa:20170810201745j:image

 

スプラトゥーンされている部分がロープウェイの軌道になります(プレイしたことはありません)。

 

レストセンターに駐車し、歩いて山道を行くと「川野駅」があるらしいのですが、こちらはわたしの行った日付現在、立ち入り禁止となっていました。

 

f:id:hiyapa:20170810202054j:image

 

残念です。、橋を越えて反対側の「三頭山口駅(みどうさんぐち)」は坂を登ると入れます

 

f:id:hiyapa:20170810202316j:image

 

こちら乗り場入口です。

 

f:id:hiyapa:20170810202418j:image

 

こちら有人(今はもちろん無人)改札です。

 

f:id:hiyapa:20170810202504j:image

 

こちらホームです。そして‥‥

 

f:id:hiyapa:20170810202553j:image

 

ロープウェイ様が一基、しっかりと鎮座しております。

 

行った天気もあると思いますが、神々しかったです。

 

f:id:hiyapa:20170810202709j:image

 

まったく怖さはありません。「奥多摩湖ロープウェイ」で検索すると、「心霊」

と続く記事が多いようですが、昼間の晴れの日に行くと、そんなことはまったくありませんでした。

 

f:id:hiyapa:20170810202842j:image

 

中にも入れます。揺れません。

 

f:id:hiyapa:20170810202920j:image

 

駅舎の中も探索可能です。こちらはトイレでしょうか。

 

f:id:hiyapa:20170810203004j:image

 

休憩室と名のついた、小さな一室もありました。

 

f:id:hiyapa:20170810203104j:image

 

こちらはロープウェイを動かす機構の残骸です。メカニックのことはまったく明るくありませんが、素敵な形をしています。

 

f:id:hiyapa:20170810203222j:image

 

 


*おまけ

 

勉強不足なので違うかもしれませんが、ただでさえ母数の少ないロープウェイで、しかも廃墟になった姿がここまで状態良く残っているというのは奥多摩湖ロープウェイだけのような気がします。

 

もの珍しいというのも手伝ってか、すごく素敵で、これこそ写真映えする場所です。

 

f:id:hiyapa:20170810203412j:image

 

管理会社と連絡がついて撤去されてしまう前に、是非もう1度行きたいと思います。

 

その12:友ヶ島【画像大量】

 

*基本データ


場所:和歌山県和歌山市(加太「かだ」駅からフェリー)
行った日:2017/04/08
廃墟になった日:1945?
詳しく:いくつかの島の総称。攻撃に備えて砲台が作られたものの第二次世界大戦は航空戦メインとなったため、そのまま使われずに終戦を迎えた。未使用であるからか保存状態が良い。


 http://tomogashimakisen.com

 


*評価


怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★★★★★
入りやすさ:★☆☆☆☆
 

 


*あれこれ

 

ザ・フォトジェニックな廃墟です。

 

f:id:hiyapa:20170806150342j:image

 

ジブリ島」とか「ラピュタ島」とか別名がありまして、廃墟ガールでなくとも女の子は好きそうです。

 

f:id:hiyapa:20170806153910j:image

 

ただアクセスは例によってめちゃくちゃ悪いです。大阪から電車で約2.5時間、加太駅からフェリー乗り場まで約20分、フェリーが20分? くらいの行程です。

 

f:id:hiyapa:20170806150636j:image

 

めで鯛列車は鯛のうろこに隠れミッキーならぬ隠れハートがあるらしいです。

 

わたしの行ったときに限るかとは思いますが、いろいろハプニングもありの探索となりましたので併せて書いていきます。長くなりますが心優しいお暇な方、お付き合いいただければ幸いです。

 

f:id:hiyapa:20170806150836j:image

 

大阪に着いた時点で、濃霧のためフェリーは欠航していました。そこからしばらく様子を見ていると、なんとか再開したと(チケット争奪戦並に電話しましたよ)情報がはいり、最終便に間に合うようダッシュで電車へ。

 

このフェリー、濃霧強風雨の影響でかすっごい揺れるんですよ。

どれくらい揺れるかというとベビーカーが倒れて赤ちゃんが大泣きしたり、ずっと下を向いて携帯をいじっていた男の子がトイレから戻ってこなくなったりするくらいです。行きのフェリーは速度制限や濃霧の中別の船とすれ違いイベントなども発生し、倍以上の時間がかかって島へ到着しました。

死ぬかと思いました。わたしは泳げません。

 

f:id:hiyapa:20170806151228j:image

 

くまなく楽しみたいところでしたが、天候やフェリーの時間の関係で虎島方面は攻略できませんでした。

 

f:id:hiyapa:20170806151329j:image

 

f:id:hiyapa:20170806151342j:image

 

ただ、島ついてはじめにお出迎えしてくれるのがこれです。自販機すらありません。一応民宿というか、キャンプする人たちの管理をする建物があり、そこだけ人が住んでいる模様ですが、それ以外はすべて廃墟です。どんな建物でも廃墟です。パラダイスです。

 

f:id:hiyapa:20170806151528j:image

 

f:id:hiyapa:20170806151546j:image

 

雨の中カバンと傘とフィルムカメラ(HOLGA135を持っています)とiPhoneカメラをたった2本の腕で管理するのは至難の技でした。

 

f:id:hiyapa:20170806154136j:image

 

f:id:hiyapa:20170806154155j:image

 

悪天候も相まってか、撮れた写真は晴天のときと違って異様さが増していたかと思われます。

 

f:id:hiyapa:20170806154300j:image

 

井戸が年月を経て植木鉢になった代物です。

 

f:id:hiyapa:20170806154347j:image

 

友ヶ島の特徴は、なんといっても「ジブリ島」 の呼び名にふさわしい建造物と自然の融合ですかね。クラシカルなレンガの並びに点々とする緑が、廃墟特有の無機質さとか虚無感を消してくれている気がします。

 

f:id:hiyapa:20170806154540j:image

 

アーチ型の造りが島全体で共通して多いです。いまなら建物のアクセントで可愛いとなりますね。

 

f:id:hiyapa:20170806154633j:image

 

f:id:hiyapa:20170806154650j:image

 

屋久島のバルブ(http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2017/07/24/204242)を彷彿とさせます。

 

f:id:hiyapa:20170806154802j:image

 

f:id:hiyapa:20170806154819j:image

 

ひとの暮らしていた跡がないのも手伝って、たいそう神聖な場所のように思えました。天気も余計ですね。

 

f:id:hiyapa:20170806154931j:image

 

f:id:hiyapa:20170806154952j:image

 

なにしろ、この日途中で雨はやみましたが、湿度が高すぎて、寒くないのに終始息が白かったです。どういう現象なのかド文系の人間には分かりませんが、写真のはしばしに見られるもやがかったものはその証でございます。初めての体験でした。

 

f:id:hiyapa:20170806155159j:image

 

f:id:hiyapa:20170806155214j:image

 

どちらかというとわたしの好みのタイプもありました。人間くさい廃墟、安心します。

 

f:id:hiyapa:20170806155309j:image

 

そしてこちらが「第二砲台跡」といいまして、最も風化のすすんだ場所になります。完全に平行を保っていたであろう建物がバームクーヘンです。

 

f:id:hiyapa:20170806155425j:image

 

ただ、破片のひとつ、レンガのひとかけですら居場所をもっていて、そこにそのまま納まっている様は絵画を見ているようでした。

 

f:id:hiyapa:20170806155526j:image

 

f:id:hiyapa:20170806155539j:image

 

廃団地のように混沌とした人間くささはないですが、時の止まりようはなおさらで、ずっと見ていられる魅力を持った場所でした。

 

(ただし飲み物食べ物をきちんと用意しておくことをお勧めします。観光地ではないのでそのへん甘くないです)

 

 

*おまけ

 

息の白く、霧がかった世界はジブリというよりサイレントヒルでした。

 

f:id:hiyapa:20170806155955j:image

 

この画像サイレントヒルのゲーム実況動画のサムネだとしても疑わないです。

その11:レイクサイドボウル跡地

 

*基本データ


場所:茨城県水戸市
行った日:2017/03/13
廃墟になった日:2011年
詳しく:千波町にあるボウリング場跡地。東日本大震災の影響で施設に被害が出、営業休止のちに閉店の運びとなった。

f:id:hiyapa:20170805210813j:image

このへん


 
*評価


怖さ:★★☆☆☆
廃れさ:★★★☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

 

我らが廃墟の宝庫茨城県から再びの投稿です。

 

(住んでいたことがあるからこそ言えることですし誉めてます! ‥‥多分)

 

とはいえ、入るにはいろいろと勇気が必要な場所なので、外観だけ貼って簡単な覚え書きとさせていただきます。

 

f:id:hiyapa:20170805211139j:image

 

写真には写っていませんが、ペットボトルのゴミなども落ちていて、どこかの誰かの会合場所になっていることは間違いありません。

 

中は今、どうなっているのでしょう。

 

茨城のその他の廃墟はカテゴリ「茨城県の廃墟」から飛べます。

 


*おまけ

 

f:id:hiyapa:20170805211426j:image

 

f:id:hiyapa:20170805211449j:image

 

水戸の一般的な観光地「偕楽園」です。梅が咲いていると人で賑わいますが、普段はこの通りです。

その10:足尾銅山付近

 

*基本データ


場所:栃木県日光市
行った日:2016/08/14
廃墟になった日:1973年閉鉱
詳しく:田中正造足尾鉱毒で有名な場所。実業家であり古河財閥の創業者、古河市兵衛によって採鉱が始められたとされる。
 


*評価


怖さ:★★★☆☆
廃れさ:★★★☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆(観光としてなら★5つ)

 


*あれこれ

 

やっと2016年まできました。(この間京都や川越へ行ったり、福島や仙台へ行ったり、宇都宮で餃子食べたり、元乃隅稲荷で5円玉投げまくったりして廃墟とは無縁の生活を送っていました)

 

もしこのブログを「はじめに」から見てくださっている方がいるとすれば、そろそろネタ切れですのでご安心を。

 

あと1年分ほどで今に追いつきます。

 

f:id:hiyapa:20170731210854j:image

 

炭鉱です。トロッコに乗って洞窟内に入れ、資料館としても機能している足尾銅山はあまりに有名です。

 

f:id:hiyapa:20170731211001j:image

 

f:id:hiyapa:20170731211014j:image

 

たとえば廃墟ガールとしては、この先に続く坑道に入れたり、順路ではない細い道へ紛れ込んだりすれば一流ですかね。

 

f:id:hiyapa:20170731211128j:image

 

↑坑道内の作業員のメモ書きと見られる暗号です。

 

まあ実際は単純な一観光客として「くらーい! すずしー!」とか言いながら濡れた坑道をぴしゃぴしゃやっていたわけです。

 

ただ、このへんにもちゃんと観光ではない廃墟も存在するわけです。

 

赤い池」を探しに行ったのですが、警備が強くてたどりつけませんでした。

※赤い池は調べてみてください

 

古河さんの力が強すぎます。

 

f:id:hiyapa:20170731211810j:image

 

こちらは古河さんの研修所です。

 

足尾銅山を採鉱しようと画策したのは、そもそも、古河市兵衛さんという方のようです。

 

実業家で創業者の古河市兵衛さん。

大富豪で探検家のハリソン・ハイタワー

と同じような肩書きでしょうか‥‥

 

今でもしっかり古河さんの功績が受け継がれ、電車の中吊りやCMでも見かける立派な株式会社が足尾一帯を管理されています。

 

f:id:hiyapa:20170731212257j:image

 

f:id:hiyapa:20170731212326j:image

 

いつかどうにかして、赤い池周辺を眺めてみたいものです。

 

 

*おまけ

 

 f:id:hiyapa:20170731212609j:image

 

元乃隅稲荷も、また行きたい場所のひとつです。帰りに秋芳洞へ赴きたいですね。