廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その3:ウサギ島

 

*基本データ


場所:広島県竹原市(呉線忠海駅からフェリー)
行った日:2015/02/03
廃墟になった日:1955?
詳しく:休暇村があって職員が住んでいるため一応有人島。戦時中は国内唯一の毒ガス精製所だったため、島内に「毒ガス資料館」がある。毒ガス工場の機密を守るため一時期地図に載らない島だった。野生のウサギがわんさか(700羽)いるから夢っぽい女子やもふもふ好きにもおすすめ。
 


*評価


怖さ:★★★☆☆
廃れさ:★★★★☆
入りやすさ:★☆☆☆☆

 

 

*あれこれ

 

初・軍事廃墟です。

正式名称は大久野島(おおくのじま)ですが、ウサギの島としてまとめ記事などもあって、完全時代はウサ>毒ガスです。

 

f:id:hiyapa:20170721210110j:image

 

忠海(ただのうみ)駅の案内板にもウサギの絵が。

元はといえば毒ガスの実験でウサギを使っていたのが繁殖したみたいです。

 

(とはいえこのときはばっちりウサギ目的でお邪魔したので、廃墟の写真よりウサギが多いです。ミーハーでした)

 

f:id:hiyapa:20170721210355j:image

 

至るところにうじゃうじゃ湧いています。

野生なので触っちゃいけませんが、人馴れが激しくガツガツ来ます。

 

f:id:hiyapa:20170721210435j:image

 

宿泊施設である休暇村にエサが売っているので、人間=エサの認識がしっかり染み付いているのでしょうね。

 

とはいえ、休暇村のある辺り(わりと拓けたところ)のウサギより、山奥にいるウサギのほうが警戒心強めですぐ逃げてしまったので、野生の世界にも色々あるようでした。

 

f:id:hiyapa:20170721210706j:image

 

f:id:hiyapa:20170721210726j:image

 

学級裁判ウサギです。

 

ダンガンロンパ1・2 Reload
 

 

 

 

肝心の「毒ガス資料館」はそこまで大規模ではないですが、入館料100円くらいで入れます。

 

「地図に載ってない島」とは、なかなか中二心をくすぐられますね。

 

f:id:hiyapa:20170721210934j:image

 

アクセスは相当悪いです。島内も休暇村のシャトルバスで移動しましたし、フェリーも本数少なめ、わりと島も大きいので全部ちゃんと見ようとするとけっこうかかりそうです。

 

宿泊施設は休暇村しかなく、ここはホテルではなくて休暇「村」ですからそれなりの覚悟は必要です。(独断と偏見)

 

f:id:hiyapa:20170721211300j:image

 

f:id:hiyapa:20170721211309j:image

 

 

 ※ちなみにこの先何度かフェリー→軍事廃墟のパターンは出てきますが、まあ僻地です。

 

ただ、ウサギの蠢く軍事廃墟はここだけですし、背景を知っていると異様な雰囲気を味わうことができます。

 

 

*おまけ

 

廃墟と言うにはあまりに残酷ですが、こちらの建造物も素敵です。

人生で3度ほど見に行きましたが、何度でも立ち止まるべき場所だと思います。

 

f:id:hiyapa:20170721211652j:image