廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その17:底倉温泉かめ張り跡地

 

2017/08/22現在、ストック切らしました。ここからが本番です。

 

*基本データ


場所:神奈川県箱根町(登山鉄道の宮ノ下(みやのした)駅から歩く)
行った日:2017/08/13
廃墟になった日:ちゃんと調べれば出てきますが忘れました‥‥
詳しく:箱根二十湯の一「底倉温泉」の給湯方式「かめ張り」をしていた場所跡地。現在はセメントで埋めてしまったため全貌は望めない。
 


*評価


怖さ:★☆☆☆☆(虫が多い)
廃れさ:★☆☆☆☆(草が多い)
入りやすさ:☆☆☆☆☆

底倉温泉:★★★★☆
 


*あれこれ

 

箱根はお湯を数えることがあり、引き湯の地名が増えるにつれて七湯→九湯→十二湯→十六湯→二十湯となっていったらしいです。

 

さらに湯本温泉で有名な箱根湯本地区は、さらに細かくエリアで分かれることもあるそうです。

 

そんな箱根の温泉の中で、湧き出る源泉を溜めておく「かめ張り」という手法を使うのが底倉(そこくら)温泉です。

 

現在は源泉を溜めていた場所はとり壊され、セメントで固められているとのことですが、伸びるパイプが跡地であることを物語っています。

 

f:id:hiyapa:20170822203827j:image

 

f:id:hiyapa:20170822203842j:image

 

メインストリート(といってもターンパイク並の山道ですが)から1本外れた歩道をゆくと、見られます。

 

ハイキングコースになっていますが、わりと育ちの良い草が生い茂っており、夏場は虫に注意が必要です。

 

f:id:hiyapa:20170822204006j:image

 

ここ、泊まった宿のオーナーさんに聞いたんですが、最近テレビ番組にも取り上げられ、有名人がこの道を通られたんだとか。

 

f:id:hiyapa:20170822204125j:image

 

カニちゃんもいます。

 

みなさん(いま暇つぶしでこのページを読んでいるあなたのことです)のイメージする廃墟とは少し違いますが、

 

f:id:hiyapa:20170822204255j:image

 

駅前の国道がこんなですので、つつけばもう少し出てきそうな場所です。

 

そして温泉がとても良いです。

 

源泉はそこまで激熱でもなくとろみがあって、肌に浸透していくのが分かります。この日スキンケアは温泉のみでしたが、乾燥もせず脂浮きせず旅だというのにトラブル知らずでした。底倉温泉を知って、本当に良かったです! もっと有名な温泉になってほしいなという意味で、星は4つにしました。箱根に行く際は是非また足を運びたいです! (20代女性)

 


*おまけ

 

f:id:hiyapa:20170822204653j:image

 

廃墟でなくて献血でなければ、美術館も好きです。シュルレアリスムが好物です。