廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その19:代々木会館

 

*基本データ


場所:東京都渋谷区(代々木駅から歩ける)
行った日:2017/08/26
廃墟になった日:1970年代と思われる
詳しく:7階建てのテナントビル。現在は下の階の飲食店と、3階の中国書籍を扱うお店のみの開業。
 


*評価


怖さ:★★☆☆☆
廃れさ:★★★☆☆
入りやすさ:★★★★☆(3階まで)
 


*あれこれ

 

東京の九龍城」との異名を持つこの建物。

 

f:id:hiyapa:20170829204834j:image

 

7階建てのうち入れるのは3階までで、廃業したテナントはほぼ当初のままの状態で残っているそうです。

 

f:id:hiyapa:20170829204921j:image

 

わたしが行ったときは入口はここのみでした。 ぼんやりとした照明が廃れさを醸し出しています。

 

f:id:hiyapa:20170829205007j:image

 

こちらはロビーのような役目の空間でしょうか。

 

f:id:hiyapa:20170829205112j:image

 

道教室の壁みたいな配置です。

 

七福、うね女、紀州、リーチ麻雀、京昌、海燕、梅なか、しのぶ‥‥

 

わたしはうね女に行きたいです。心にしみる里の味です‥‥じゅるり

 

f:id:hiyapa:20170829223758j:image

 

残念ながら2階飲食店街は扉で堅く閉ざされておりました。

 

f:id:hiyapa:20170829223917j:image

 

書店への階段は本だらけで神保町のようです。

 

風化した黄ばんだ紙の風合いもまた良いですよね。

 

f:id:hiyapa:20170829224058j:image

 

f:id:hiyapa:20170829224128j:image

 

ちょっと螺旋状になってずれている階段の俯瞰です。

 

全貌が眺められていたら、廃飲食店街としての記事が書けたと思うので、やはり2020にむけて都市の開発が進んでいる昨今、早急に廃墟行脚をしなければなりませんね。

 


*おまけ

 

f:id:hiyapa:20170829224804j:image

 

この場所で寝起きしてはいけません。