廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その20:タバタの靴【東京都板橋区】

 


*基本データ


場所:仲町商店街
行った日:2017/09/03
廃墟になった日:不明
詳しく:

f:id:hiyapa:20170903161737j:image

このへん

 

 
*評価

 

怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★★☆☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

 

探検していましたら見つけた元店舗です。

 

f:id:hiyapa:20170903162008j:image

 

建築許可の貼り紙がしてあるので、そろそろこの風景もこの商店街にとって当たり前ではなくなるのだろうと思い、記念もかねて記事にしました。

 

歴史ある商店街のシャッター化は、都心でも現象になっているのをひしと感じた一件となりました。

 

(たとえばわたしが以前住んでいた茨城県水戸市の、水戸駅(県庁所在地ですよ)から延びる銀杏坂という坂の通りは3~4割シャッターです。今度行ったら様々なシャッターをひたすら撮って載せるのも良いですね。廃墟なのか微妙ですが)

 

f:id:hiyapa:20170903162455j:image

 

お知らせによると、次は事務所兼共同住宅に生まれ変わるようです。

 

f:id:hiyapa:20170903162539j:image

 

ずっと看板は変えずに、何十年も商売をしていたことが見てとれます。

補修用のガムテープですら、くたっています。

 

きっとこの商店街では「靴といえば」のような位置のお店だったのでしょうね。

 

f:id:hiyapa:20170903163136j:image

 

先日行った、このあと書こうと思っている場所――日付は前後しますが掲載順ということで悪しからず――でも強く思いました、「行きたい廃墟は早く行くべし」を実践すべく、ブログ開設した年というのも相まって、ことし残り4ヵ月、いろんなところへ探検したいなとしみじみするこの頃でございました。

入れ子構造すぎて読みにくい一文ですね。