廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その32:Haikyo【廃墟じゃない】

 

 

*基本データ


場所:東京都杉並区(高円寺駅南口よりスキップ8秒)
行った日:2017/10/14
廃墟になった日:2013年オープンか

詳しく:廃墟居酒屋
 


*評価


怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★☆☆☆☆
入りやすさ:★★★★★(未成年の飲酒は禁止されています。予約はhotpepperかぐるなびが便利です。)
 https://r.gnavi.co.jp/gc1h901/

https://www.hotpepper.jp/strJ001017638/

 


*あれこれ

 

たとえばどこかに遊びに行ったり、お友達とごはんを食べに行ったりするときに、その集合先の地名や駅名をインターネットの検索画面に入力し、つづく言葉は「スペース 廃墟」なわけです。主目的でなくとも、誰かと何かをしにいくいわば「繁華街」や「商業施設」の傍らにひっそりと存在しているというのはいかにも廃墟らしい佇まいですし、その街や駅のイメージが変わるきっかけにもなります。ネオンで賑やかな場所でも途端に二面性を見られるのです。(加えて廃ログの記事にもできるのです)

 

高円寺というのはサブカルぶった全身古着ちゃん(わたしのことですね)が下北沢と並んでお洒落な自分だけのお気に入り喫茶店を見つけては写真を撮ったり読書したりする文化街でして、大学のときから少なからず縁ある場所なのですが、例により「高円寺 廃墟」で検索したら見事に一発目にヒットしたのが廃墟ではなく廃墟風だというコンセプト居酒屋なのでした

 

f:id:hiyapa:20171015172150j:image

 

怪しげな雑居ビルのワンフロアだけ廃れているようです。二階です。

 

f:id:hiyapa:20171015172243j:image

 

上を向くと、「廃墟で喰らう」の文字が見えます。若干ホラーちっくな書体です。

 

自称「廃墟ガール」ですので、ここは行くしかないということで二階へ進みます。

 

f:id:hiyapa:20171015172404j:image

 

入口の足元にあるマットです。一応ジャンルとしては大衆居酒屋だと思うので、引き戸か自動ドアをイメージしていましたが、スナックやバーのような重たい普通のドアでした。

 

f:id:hiyapa:20171015172517j:image

 

入ってすぐ右を向くとこの景色、コンクリのブロックが無造作に積み上げられ、セメントがはみ出し放題です。

 

f:id:hiyapa:20171015172556j:image

 

カウンターはこのようなキラキラを纏っていました。廃墟なりに飾られているようです。

 

f:id:hiyapa:20171015172612j:image

 

f:id:hiyapa:20171015172656j:image

 

はげた壁やむき出しのコンクリートは、老朽化したり汚れてしまったりしても味として処理できそうなので、いつからこんな塩梅なのかはよく分かりませんでした。経営上のメリットもありそうですよね。ともかく無骨です。

 

f:id:hiyapa:20171015172824j:image

 

通された個室の上は格子状の針金が渡っており、勝手に傘かけとして使わせていただきました。その格子状天井にはハンガーや電球もかかっており、その上にはColemanのなにかの箱が物置かのように積まれていました。

かと思えば飾り気のないパイプ椅子と長机の席もあり、廃墟としての統一感はあまりないように見受けられました。どちらかというと寄せ集めの有り合わせで小さな空間をいくつも作っていて、ホームレスもしくは文化祭を連想します。

 

f:id:hiyapa:20171015173234j:image

 

ただ、こういったコンセプト居酒屋って気をてらった勝ちというか、出オチ感が満載なのが常ですが、このお店、食べ物がすっごく美味しいです

内装の写真を撮って満足してしまったため写真がないのが悔やまれますが、優しい風味の揚げ出し豆腐、餅でできた廃墟ピザ、炙りしめ鯖、良きでございました。他にも美味しそうなメニューがたくさんありましたし、店員さんがとても柔軟な対応(取り皿持ってきてくれたり、1番お得なクーポンを適応してくれたり)をしてくださり、有難かったです。

 

f:id:hiyapa:20171015173808j:image

 

完成された「廃墟」としたらまだまだなのかもしれませんけど、このそこまで狙ってない感がかえって自然な廃れ具合を出しているのかもですし、もう少し年月が経つにつれて味が出てくるのかもですし、何よりお腹が満たされますし、どこよりも気軽に行ける廃墟ですので、お腹を空かせてぜひ足を運んでみてください。

食べ物の写真がないため、グルメレポとしては失格です。戦力外です。

 


*おまけ

 

f:id:hiyapa:20171015174218j:image

 

高円寺を知るきっかけとなったのがこの喫茶店です。音楽なんて一切やってこなかった人生なのですが、素敵な空間だと思います。ぼんやり黄色がかった照明の中で本を読みます。