廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その39:永井メガネ店跡地【朝撮れ廃墟】

 

 

*基本データ


場所:愛知県名古屋市
行った日:2017/11/09 6:15 am
廃墟になった日:不明
詳しく:

f:id:hiyapa:20171109082722j:image

 

 
*評価


怖さ:★★☆☆☆
廃れさ:★★☆☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20171109082844j:image

 

朝撮れ投稿です。撮れたてフレッシュです。キュアハイキョです。

 

 

 

なんだか今年は名古屋に縁があるようで、早朝の名古屋を歩いていたら見つけました(ので眠気覚ましに文章を書いています)

 

ちなみに、撮ったのが6:15

f:id:hiyapa:20171109083438j:image

ですので、曇天廃墟に定評のあるこのブログ、今回空模様がいまひとつなのは日が出ていないからです。

(cf.曇天廃墟に定評あり→その27:http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2017/09/22/210734 その34:http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2017/10/21/235500エトセトラエトセトラ)


f:id:hiyapa:20171109083759j:image

 

f:id:hiyapa:20171109083858j:image

 

室外機が目立ってます。良いです。上のかけこみ110番の看板のかすれ具合は「まさしく」といったところです。

 

f:id:hiyapa:20171109084312j:image

 

閉ざされた門の奥に気になる構造の螺旋階段があり、もうすこし近いショットを撮ろうと思ったのですが、通勤通学の方々がちらほら出できまして「週の真ん中、やっと折り返し地点の朝っぱらから変な人見てしまった‥‥」となりかねなかったのでやめました。

 

新築には出せない雑多さ、いつどこで見ても惚れ惚れします。

 


*おまけ

 

f:id:hiyapa:20171109085617j:image

 

早朝だったからただ営業時間外であるだけ説も否定できない案件ではあります。

一応インターネットで調べたので、大丈夫かとは思うのですが‥‥違った場合はすぐさま取り下げます。

 

昔、人が住んでいるか否かを見極める仕事をしていたことがありまして――というと語弊があり、人が住んでいる家に用があったので必然的にそうなった、が正しいですかね――電気メーターと、庭や玄関周りに物が置いていないかどうかの2つが基本ポイントなのです。

それでいうと今回の建造物はどちらもクリアしておりました。

 

ポイントの後者は例外が多々あり、生活感溢れる廃墟は例外からできるのであって、一概にはいえないのが事実ではあるのですが。

 

まとまりないけれど幸先の良いスタートが切れまして、遠出を楽しみたいと思います。

つぎの記事もおそらく愛知からお届けです。