廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その41:プチホテル跡地【三ヶ根山スカイライン後編】

 f:id:hiyapa:20171116221440j:image

さ、後半戦です。

 

 

*基本データ


場所:愛知県西尾市
行った日:2017/11/09
廃墟になった日:不明
詳しく:三ヶ根山スカイラインという有料道路の、第1見晴台むかいっかわ。前編(その40:http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2017/11/13/220448)はこの民宿のお土産屋だったと書いてあるサイトもある。


 
*評価


怖さ:★★★★☆
廃れさ:★★★★★★★★★★
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

 

評価にもありますように、本件、最高に廃れております。

こちらは愛知県の山中を通る三ヶ根山スカイラインという有料道路です。前編も基本データにURLがありますので、併せて暇つぶしにどうぞ。

 

どれぐらい廃れているかといいますと‥‥寄ってきますのでとくとご覧あれ。

 

f:id:hiyapa:20171116221900j:image

 どん

f:id:hiyapa:20171116221917j:image

どん

f:id:hiyapa:20171116221959j:image

どん、と

 

文句なしの星ぶっちぎり評価であるのがご納得いただけるかと思います。

この朽ちっぷり廃れぶり壊れぶり

 

まるで廃墟代表、お手本のような佇まいです。

全国の廃墟のみなさんは、彼を見習ってほしいものです。

 

f:id:hiyapa:20171116222329j:image

 

反対側の眺めはこのようになっております。二階建ての建物ですが、屋根裏なのか吹き抜けなのか、丸いアーチ型の屋根の部分が特長的です。反対側からだとアーチ型がよく見えます。(車内から撮ったのでガラスを隔てており、色味は少しおかしいですが)

 

f:id:hiyapa:20171116222456j:image

 

f:id:hiyapa:20171116222521j:image

 

運が良くこの日は晴天ですし、平日の山の中、ましてや過疎化の進む有料道路、たまに車が通りましてもiPhoneを構えてにやにやする廃墟ガールが1人のみ、怖いことはなにもありません。

ゆっくりと構造を眺めることとしましょう。

 

f:id:hiyapa:20171116223422j:image

 

建物は民宿というくらいですから宿泊施設として建てられたようです。振り返るとだだっ広い空間があり、もちろんそこも入れませんが、駐車場スペースとして使われていたと予想できます。そこに建っていた看板がこちらです。「プチホテル民宿」のはげかかった文字が目を凝らすと判別できます。

 

f:id:hiyapa:20171116223736j:image

 

入口です。ガラスはすべて抜けています。

 

f:id:hiyapa:20171116224247j:image

 

煤け具合や散乱具合、際どいバランスで存在する配置、どこをとっても完璧です。

 

f:id:hiyapa:20171116224348j:image

 

f:id:hiyapa:20171116224458j:image

 

飾りのついた2階の壁? 柵? です。い空にい壁、汚れのとアクセントの、バランスとれています。

 

f:id:hiyapa:20171116224715j:image

 

 角っこはかなり危なげな状態です。斜めにむき出した鉄骨、た、たまりません。笑みがこぼれます。怪しくなります。

 

f:id:hiyapa:20171116225236j:image

 

中はこのようになっております。画面右に階段があり、2階へ行けるみたいです。その奥は白いタイルの囲みがあり、大浴場というかお風呂場なのでしょうか。建物の規模的に客室が2階メインで6~8部屋とか、1階に浴場と食堂、フロントってな感じですかね。

 

f:id:hiyapa:20171116225729j:image

 

f:id:hiyapa:20171116225811j:image

 

とんでもなく朽ちていて、絶妙なバランスを保って存在している建物です。神秘すら感じます。そしてまた、きっとこの建物も、刹那的なのです。もしかしたら記事を書いているこの瞬間にさえ、些細なきっかけで倒れて崩れてしまっているかもしれません。またひとつ、素敵な瞬間に立ち会えました。

 

f:id:hiyapa:20171116230042j:image

 

余談というかとてもどうでもいい情報で、わたしはiPhone歴約6年、ずっと待ち受け画面は京都の伏見稲荷大社です。鳥居萌えです。

ただ、この写真に待ち受け画面を変えてもいいなと、思えるくらいのベストショットです。

「追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止」がまた、いかしているでしょう。

 


*おまけ

 

f:id:hiyapa:20171116222751j:image

 

もともと、「愛知県 廃墟」で検索をかけますと、わりと上位に挙げられているのが「三州園ホテル」です。

ここが入れていれば、もしくは外壁が囲われていなければ、三ヶ根山スカイライン編は上・中・下の三部作でしたが、残念ながらこの有様でした。

 

f:id:hiyapa:20171116223157j:image

 

SECOM様も入られておりました。昔むかし、まだほんものの廃墟「ガール」といっても差し支えない頃、こういう廃墟にて監視カメラにばっちり映り、召喚された人にこっぴどく叱られた経験がありますので、入りません、決して。

その話は写真がどこかに残っていればまたいずれ‥‥。