廃墟ガールの廃ログ

廃墟散歩の備忘録

その436:ホテルブルー

 

 

*基本データ

 

場所:三重県三重郡菰野町菰野

廃墟になった日:2003年にはすでに廃墟だった模様

詳しく:1970年代頃に開業と見られる湯の山温泉地帯のホテル。客室部分はコンクリむき出しの外観。

 


*評価

 

怖さ:★★★☆☆

廃れさ:★★★☆☆

見つけやすさ:★★★☆☆

 


*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20220120080442j:image

 

雪景色です。その395:風神【廃墟探偵集受付〆切迫る】 - 廃墟ガールの廃ログのような雪廃墟です。空は晴れていて、日差しが寄せられた雪面を溶かし、差し、反射し、きらきらしていました。


f:id:hiyapa:20220120080437j:image

 

そんな世界ですから白と青以外の色はよく目立ちます。


f:id:hiyapa:20220120080512j:image


f:id:hiyapa:20220120080555j:image

 

入口から客室へゆく階段です。屋根がついているので雨でももちろん雪でも濡れません。2階にフロントがあるのでしょうか。


f:id:hiyapa:20220120080447j:image


f:id:hiyapa:20220120080456j:image

 

左隣にはぽっかり口を開けた、ガレージのような部分がついています。駐車場にしては狭く全室分どうやっても停められず、工業のようななにかしらの作業をするにはスペースとしてはとっておきそうであるもののコンセプトがおかしく、想像力の限界を思い知る場所となっていらっしゃいます。


f:id:hiyapa:20220120080558j:image

 

系統と系統でまとまっていはするのですが。


f:id:hiyapa:20220120080546j:image


f:id:hiyapa:20220120080551j:image

 

なんせ中はこのような具合です。


f:id:hiyapa:20220120080527j:image

 

これでも2階に行けるようですけれど、外階段と同じフロアに行ける気がしません。赤と白ではまるきり別建物で超密接しているお隣さんと言われたほうが納得します。


f:id:hiyapa:20220120080534j:image

 

勾配はわりと急そうです。そもそも坂の途中のような立地ですし、その118:信州観光ホテル【灼熱長野4/6】 - 廃墟ガールの廃ログのように敷地内高低差があります。


f:id:hiyapa:20220120080601j:image

 

中はどのようになっているのでしょう。窓はそこまで大きくなく、実物を見ているときはこれがどんな建物か知らず、あとで調べてホテルとわかったのですけれど、見ている最中は社員寮かラブホテルかと予想していました。構造の気になる物件でございました。


f:id:hiyapa:20220120080452j:image

 

最後に近くの橋の名前を見て、どきりとしました。なんだか妖しげな香りのするお名前ですね。

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20220120080356j:image

 

おまけは人生初スガキヤです。関東VS関西の番外編の時に愛知さんが「東海でラーメンはスガキヤ一択」と仰っていたあのスガキヤです(四十七大戦の話)。フードコートの味がいたしました。


f:id:hiyapa:20220120080352j:image


f:id:hiyapa:20220120080347j:image

 

それと、有名物件だと思いますがスーパーハイパーちょーぜつばちくそハチャメチャにトマソントマソンを発見しましたので置いてゆきます。

その435:松風寮

 

 

*基本データ

 

場所:愛知県名古屋市守山区上志段味東谷(かみしだみとうごく)

廃墟になった日:2000年前後か

詳しく:1970年頃から存在する建設会社の社員寮跡地。3階建てと4階建ての2棟が渡り廊下で繋がっている。

 


*評価

 

怖さ:★★★☆☆

廃れさ:★★★★☆

見つけやすさ:★★☆☆☆

 


*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20220117082334j:image

 

かみしだみ、ってすごいお名前ですね。すごいなと思った地名はほかにその166:田代会館【真冬京都3/4】 - 廃墟ガールの廃ログの廿人講町、その232:コンクリート遺構【気まぐれ福岡/飯塚市】 - 廃墟ガールの廃ログの目尾などです。


f:id:hiyapa:20220117082423j:image


f:id:hiyapa:20220117082402j:image

 

冬の晴れた寒空がよくお似合いです。非常階段の意味合いもあるのでしょうか、外階段へ続く銀のドアは斜めに外枠だけ放られているのが見てとれます。


f:id:hiyapa:20220117082409j:image

 

フェンス越しに覗きました。社員寮とのことですので、1階もご多分にもれずしっかりお部屋が並んでいるようで、左側には規則正しい扉たちです。


f:id:hiyapa:20220117082350j:image


f:id:hiyapa:20220117082414j:image

 

ビビットフィルタかけすぎて木々が影に見えます。カメラを手に入れたって写真を撮るのがへたくそです。


f:id:hiyapa:20220117082358j:image


f:id:hiyapa:20220117082427j:image

 

もう一方の棟も観察しにゆきます。


f:id:hiyapa:20220117082341j:image

 

きっとここに寮のお名前が達筆で書かれ嵌っていらっしゃったのでしょう。いまはもの寂しくなっていますのでかわりに#廃ログを置いておきました。(cf.かわりに置いておきました案件→その93:加納合名天王町ビル+α - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20220117082354j:image


f:id:hiyapa:20220117082345j:image

 

カーテンがはためいています。風の強い日でした。鋭い風です。(cf.カーテン→その153:静屋家具センター第三陳列所 - 廃墟ガールの廃ログその321:店舗跡×2【江の島】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20220117082432j:image


f:id:hiyapa:20220117082510j:image

 

正面入口のようです。


f:id:hiyapa:20220117082405j:image


f:id:hiyapa:20220117082320j:image

 

中は危なそうでした。入ったらすぐに階段を登るのですね。学校のようで不思議な構造です。


f:id:hiyapa:20220117082330j:image

 

いつも思うことですが、きっと夏に見る景色はまた違う個性があるのでしょうね。


f:id:hiyapa:20220117082337j:image


f:id:hiyapa:20220117082419j:image

 

安全第一です。(cf.その76:住居跡【東京都北区】 - 廃墟ガールの廃ログその342:ジャンボクラブ淡路島【サンライズ出雲途中下車1/4】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

 

*感謝

 

f:id:hiyapa:20220117082251j:image

 

400記事突破記念制作冊子『廃墟探偵集』がいよいよ完成しました。

こちらは事前予約制ですのでもう頼むことはできませんが、申し込みいただいたみなさまには発送しております。写真集でもなんでもないただの廃墟にまつわる一次創作の文章が載っているだけの冊子ですけど、お申し込みいただいたみなさま、制作に関わってくださったみなさま、ありがとうございました。ブログに紐づいたSNSというのがないものでこちらでのご報告となりますが、お礼申し上げます。いつか時間があったらこの本についての記事もメモしておきたいところです。

その434:ブックスセイコー

 

 

*基本データ

 

場所:三重県亀山市井尻町624(いじりちょう)

廃墟になった日:2009年時点で閉業後年数が経っている模様

詳しく:県道28号線沿いに建つ書店。1980年代に開業。敷地内は草が生い茂っている。

 


*評価

 

怖さ:★★☆☆☆

廃れさ:★★☆☆☆

見つけやすさ:★★★★☆

 


*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20220114080446j:image

 

さてさてです。雨女であることに定評のある廃墟ガール、雨でも散歩はやめません。


f:id:hiyapa:20220114080433j:image

 

傘のビニールの向こうに「」とあります。


f:id:hiyapa:20220114080401j:image


f:id:hiyapa:20220114080439j:image

 

建物のほうが「」でした。なだらかな傾斜のおされデザインです。


f:id:hiyapa:20220114080406j:image

 

周りは季節柄枯れ草だらけです。近づいてはなりません。夜にはアーチ型に赤くぼんやりとした光が店名を告げていたのてしょう。


f:id:hiyapa:20220114080453j:image


f:id:hiyapa:20220114080425j:image


f:id:hiyapa:20220114080412j:image

 

この丸い2階部分はなんだったのでしょうか。2階フロアにしては狭いですし、事務所的なエリアでしょうか。


f:id:hiyapa:20220114080356j:image

 

どうでもいいですが完全にその4??:るえかりくっひ雀麻 - 廃墟ガールの廃ログのせいでここのことを「本屋ひっくりかえらない」と呼んでいました。大体のものがひっくりかえらないです


f:id:hiyapa:20220114080459j:image

 

雨を降らす曇り空の鈍色と黄昏時の赤が混じって乙な景色でした。

 

 

*おまけ

 

おまけは遊具図鑑です。公園たのしい。

 

f:id:hiyapa:20220114080527j:image


f:id:hiyapa:20220114080821j:image

 

メルヘンです。遊園地にある空中ブランコのような柵がついていてかわゆいです。このまま宙に浮いて回り始めても納得します。しません。


f:id:hiyapa:20220114080553j:image

 

船もありました。その399:【暗渠ハンター】住居跡【善福寺川水系成田東支流】 - 廃墟ガールの廃ログのRIVER SHIPは川を進みましたけどこちらは単に公園内に置いてあるという立ち位置のようです。浪漫あるデザインです。


f:id:hiyapa:20220114080538j:image

 

不思議な高低差を持つ平均台? もありました。これは「エッシャーの世界観を公園内に表現しようと試行錯誤したが落とし込みきれず妥協した結果の平均台」だと言われ大爆笑してしまいました。違いますよ


f:id:hiyapa:20220114080533j:image

 

これはおそらくSASUKEですね(違います)。ゆれゆれ楽しく渡りましたが、1stステージは時間との戦いですので、こんな橋は数秒で駆け抜けないと最後の赤いボタンは押せません(は?)


f:id:hiyapa:20220114080522j:image

 

 

*ひっそりおまけ


その70:店舗跡【広島県尾道市】+廃墟探検願カードをつくりました - 廃墟ガールの廃ログ

その163:大丸屋【解体中】 - 廃墟ガールの廃ログ

その263:【オンリーワンカット】住居跡【豊島区】 - 廃墟ガールの廃ログその331:北王子線【最後に企画もどき? あり】 - 廃墟ガールの廃ログ

あと1ヶ月となりましたのでことしはひっそり置いておこうと思います。お察しください。