廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その23:川崎不動産【神奈川県川崎市】

 

 

*基本データ
場所:神奈川県川崎市(川崎駅東口)
行った日:2017/09/10
廃墟になった日:不明
詳しく:1階「川崎不動産」、2階「カラオケ仲見世クラブ」跡地。
 


*評価

怖さ:★★☆☆☆
廃れさ:★★☆☆☆
入りやすさ:☆☆☆☆☆
 


*あれこれ

川崎にお邪魔してきました。

上陸は2度目です。

(初上陸はフォトスタジオにてソロウエディングというおひとり様でもウエディングドレスを着て撮影ができる至れり尽くせりの企画をしにゆきました。便利な時代になったものです)

 

わたしの川崎のイメージは、栄えている、新しくてきれい、スタイリッシュでしたが、今回探検して明るいところに暗い影ありという言葉をたいそう噛み締めることとなりました。

 

大通りや駅前にはビルや商業施設が建ち並び、道路も広く綺麗で舗装されているのですが、1本入ると小汚い娯楽街が根を張っておりました。

 

f:id:hiyapa:20170911202245j:image

 

すべてスナックやバーやパブのテナントビルです。看板のラインナップと実際のお店はだいぶ入れ替わっていると思います。

 

f:id:hiyapa:20170911202345j:image

 

平和通りという細い道では、ラブホ・保育園・コンビニの三点セットがご近所さんとなり、園児たちの教育が試される品揃えです。

 

f:id:hiyapa:20170911202953j:image

 

f:id:hiyapa:20170911203010j:image

 

打倒ヨコハマ(なのかは知りませんが)を目指して発展を続ける政令指定都市の裏側には、欲望にまみれた散らかっている空間があることを知りました。

 

スタバOLとキャバクラのアジア系おねえさんが共存する地、それが川崎のようです。

 

f:id:hiyapa:20170911202729j:image

 

川崎不動産は陰の部分の商店街にあります。

 

f:id:hiyapa:20170911202852j:image

 

f:id:hiyapa:20170911202924j:image

 

自然の力が金属に勝つことがみてとれます。

 

f:id:hiyapa:20170911203112j:image

 

看板は完全に文字が消えていて、うっすら光の加減でなんのお店か読むことができます。不動産とカラオケ、面白い組み合わせですね。

 

f:id:hiyapa:20170911203225j:image

 

鉄格子の中は写真におさめることはiPhoneカメラでは困難ですが、細長い机とお客様用のイス、事務用品が覗けます。

別角度からは自転車とコピー機が見えます。このコピー機相当の年季ものに加え日の光をふんだんに取り込んでおり、はじめくたびれた段ボールが積んであるのかと思うくらい、黄色くなってました。相当の歴史がありそうです。

 

なかなかディープな地域でした。

 


*おまけ

おまけといえるかはさておき、川崎もなんだかんだで前後編に分かれます。

後編は川崎「といえば」の有名すぎるゲームセンターへお邪魔したので、そちらを書き留めておこうと思います。

 

~continuer~