廃墟ガールの廃ログ

廃墟散歩の備忘録

その173:日の出ストアー

 

 

*基本データ

 

場所:東京都武蔵村山市大南2丁目127(西武拝島線玉川上水(たまがわじょうすい)駅」から徒歩25ふんくらい)

行った日:2019/03/09

廃墟になった日:不明

詳しく:都営村山アパート街の中にあるスーパー跡地。数年前まで併設のスナックが営業していたとの情報も。

 

 

*評価

 

怖さ:★☆☆☆☆

廃れさ:★★☆☆☆☆

見つけやすさ:★★☆☆☆

 

 

*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20190324224356j:image

 

前回のその172:ホテル高月城 - 廃墟ガールの廃ログから移動いたしまして、玉川上水駅に初上陸いたしました。向かうは有名な物件です。大宰府が入水したという情報しか持ち合わせていないまま、改札を抜けます。


f:id:hiyapa:20190324224336j:image

 

モノレールがありました。わたしの出身地千葉県にも珍しいぶら下がり式モノレールがありますので、親近感が湧きますね。


f:id:hiyapa:20190324224402j:image

 

小学校や団地群を抜けて、見えてきます。


f:id:hiyapa:20190324224414j:image


f:id:hiyapa:20190324224340j:image

 

うーん、写真が下手くそです。が、丸い体育館のような倉庫のようなシルエットが大きくなってまいりました。


f:id:hiyapa:20190324224346j:image

 

この横断歩道は日の出ストアーの入口に合わせて塗られたかのようです。


f:id:hiyapa:20190324224351j:image

 

スト」で終わっていますが、「日出」は太陽のようなロゴがかわいいです。にしてもなぜ、スーパーがこんな個性的な造りなのか、背景が知りたいですね。


f:id:hiyapa:20190324224239j:image

 

建物の右端へ移りましょう。双子メータの片割れは、コードが引っこ抜かれており、おなじみの光景です。(cf.メータ見て→その39:永井メガネ店跡地【朝撮れ廃墟】 - 廃墟ガールの廃ログ)


f:id:hiyapa:20190324230049j:image

 

タスポ不要の煙草、免許証不要のお酒の自動販売機が並んでいたのでしょうね。


f:id:hiyapa:20190324224410j:image


f:id:hiyapa:20190324224331j:image

 

喫煙推奨のキャッチコピーが書いてあります。いまどきは喫煙はこんなリスクがありますがそれでも吸いたい方は自己責任でどうぞ、のようなコピーが多いので、斬新に感じます。


f:id:hiyapa:20190324224449j:image

 

黄色い貼り紙も、喫煙者に優しい目線からのお声かけとなっています。(cf.貼り紙フィーバー→その38:TSUTAYA市川大野店跡地 - 廃墟ガールの廃ログ)

ちなみに廃墟ガールは煙草を吸う帽子でスーツのおじさま(次元大介さんのことですね)はかっこいいなと思い、憧れからzippoまで持っていますが、副流煙に対しては嫌煙家です。


f:id:hiyapa:20190324224731j:image

※ガラスに反射する姿は廃墟ガールのものですのでご安心ください。


f:id:hiyapa:20190324224406j:image


f:id:hiyapa:20190324224249j:image

 

まわって左端です。雨戸の上のトタンにはなにかのコードが行き場をなくして垂れています。ここだけみると一般家屋のようにも思えますね。


f:id:hiyapa:20190324224727j:image

 

現役であった頃は、団地のみなさまにたいそう重宝されていたことでしょう。場所によっては徒歩1分くらいでしょうし、コンビニよりも便利です。

 

 

*廃墟残

 

残りストック:4

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20190324224025j:image

 

お散歩のお供として、3代目マーチンくんが足元に到着しました。黒いソールに白いステッチ、限定だそうです。(cf.帽子×ドクターマーチン→その77:松崎たばこ店 - 廃墟ガールの廃ログ)

まだ革が硬いので、たくさん血染めて(靴擦れの意)馴染ませていこうとおもってます。