廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その38:TSUTAYA市川大野店跡地

 

 

*基本データ


場所:千葉県市川市(市川大野駅から歩ける、少し遠い)
行った日:2017/11/04
廃墟になった日:2016/03/13
詳しく:

f:id:hiyapa:20171107203933j:image

ココ


 
*評価


怖さ:★★☆☆☆
廃れさ:★☆☆☆☆
入りやすさ:★☆☆☆☆(駐車場まで)
 


*あれこれ

 

f:id:hiyapa:20171107204200j:image

 

今回、珍しく撮影がとなりました。

青空の下の廃墟を撮れればベストなんですが、到着が遅くなってしまいこんなショットが続きます。何も写っていないとは思いますが、こういうホラーじみた雰囲気が苦手なかたはお引き返しいただけますと幸いでございます

 

にしても「ホラー映画はOK肝試しはNG」というスタンスだったのですが‥‥真っ暗で狭い水路を自転車でずんずん進んだりしているうち、(その5:日立の廃団地http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2017/07/23/125649)何食わぬ顔で街灯が反射するガラス戸に近づきiPhoneバシャバシャやるようになってしまいました。耐性ついたのでしょうか。

 

いずれにせよ、閉店の知らせを聞き最寄りの娯楽施設が自転車を30分こがないとないような片田舎ではまさに憩いの場であったTSUTAYAを失った悲嘆の声をあげた近隣住民(わたしのことです)の次はコンビニか、ゲオか、焼肉屋か居酒屋か何が建つのかあれこれ予想する淡い楽しみも虚しく、閉店から1年半経つ現在もなお、Tカードの色合いを保ったまま劣化の日々を辿っているわけです。

 

f:id:hiyapa:20171107205433j:image

 

周りはマンションが多く、需要的には申し分ないと思うのですが‥‥なにが理由だったのでしょうか。

 

f:id:hiyapa:20171107205537j:image

 

昔はこのガラス戸のところに、セブンティーンアイスの自販機や、1000円自販機なども設置されていました。

 

f:id:hiyapa:20171107205645j:image

 

虚無が続いています。

 

f:id:hiyapa:20171107205755j:image

 

f:id:hiyapa:20171107205811j:image

 

買取は一足先に終了していました。こんなに狭い間隔で貼らなくてもいいんじゃないかなと思います。

貼っつけられた紙きれが1年半もそのままの状態で遺っているのはなかなかそそられるものがありますね。

 

f:id:hiyapa:20171107215336j:image

 

裏手にまわりまして駐車スペースです。鎖があって車での侵入はできません。

 

f:id:hiyapa:20171107215432j:image

 

正面入口のドアです。ガムテープで補強されているのが暗がりの中分かります。閉鎖前もひび割れえいたか、閉鎖してからだったか忘れましたが、施設老朽化も閉鎖の理由のひとつになりそうな塩梅です。

 

一体全体、ここはなにに生まれ変わるのか、まだまだ見守りたい場所でございます。

 


*おまけ

 

f:id:hiyapa:20171107215635j:image

 

わたしが1番お気に入りの「落下の王国」を借りたのも、空の境界シリーズで巴くんらぶになったのも、SHERLOCKシリーズでマーティン・フリーマンにわーきゃーしたのも、ここがあったからこそできたことです。

 

 

ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]

ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]

 

 

 

 

 

 

 思い出深いですね。