廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その6:屋久島のバルブ群生

 

*基本データ
場所:鹿児島県屋久島市(鹿児島空港から飛行機or元港新町etcからフェリー)
行った日:2014/12/26
廃墟になった日:不明
詳しく:メインストリートをドライブしてると現れます。

 

http://ferryyakusima2.com

https://www.tykousoku.jp

 

 
*評価
怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★★★★☆
入りやすさ:★★★★★
 

 

*あれこれ

 

屋久島、どこも寄り道しなければメインストリート1周2時間でできるらしいです。

 

ちゃんとした廃墟ではないですが、せっかく行ったにも関わらず屋久杉を1ミリも視界に入れず廃れた建物ばかり見ていた思い出をメモしておきます。

 

もちろん電車はない車社会の屋久島ですが、島内には有料駐車場が1箇所もないそうです。

 

駐禁(この場合の駐禁は道が一通並に細いとか、箱根ターンパイク並にひん曲がってるとかの道のこと)でない限り、停め放題。

 

(余談ですがその5で紹介した日立市http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2017/07/23/125649はハイパー駐禁スポットです。お車で向かう際は充分お気をつけください)

 

f:id:hiyapa:20170724202151j:image

 

だから山の中にある立派なバルブ群も、車から降りて撮ることができるのでした。

 

f:id:hiyapa:20170724202315j:image

 

 

屋久島といったらなんといっても神聖な場所ですから、怖さはないです。

 

なんてかわいらしいバルブなのでしょう。

 

f:id:hiyapa:20170724202422j:image

 

f:id:hiyapa:20170724202841j:image

 

iPhoneに画像があまり残っていないのですが、世界遺産ももう少し廃れてます。

 

f:id:hiyapa:20170724202828j:image

 

わたしは行き飛行機で、帰りはフェリー屋久島で帰りました。

 

このフェリーがすごくて、機体自体は年季が入ってるけれど、設備がとてつもないのです。

 

軽食屋、カフェ、貸本屋(図書館)、ゲームコーナー、劇場、浴場、洗濯室、売店

 

と、まあやってないものも含めて、列挙だけ見ればどこの豪華客船? レベルです。

 

f:id:hiyapa:20170724203303j:image

 

f:id:hiyapa:20170724203311j:image

 

完全に各セクション立ち入ってはばしゃばしゃ写真を撮りを繰り返し、フェリー>屋久島の旅でした。

 


*おまけ

 

f:id:hiyapa:20170724203804j:image

 

#海きれい #屋久島 #感動した #次は彼氏と来たいからがんばる

 

みたいな風景ももちろん揃ってます。

 

ハッシュタグってこんな?

その5:廃団地【茨城県日立市】+α

 

*基本データ
場所:茨城県日立市
行った日:2014/06/01
廃墟になった日:不明
詳しく:

f:id:hiyapa:20170723154414j:image

このへんですが正確な場所が分かりません‥‥すみませんm(_ _)m
 


*評価


怖さ:★★★★☆
廃れさ:★★★☆☆
入りやすさ:★☆☆☆☆

(+αのぶんを加味した評価です。)

 


*あれこれ

 

日立市廃墟のメッカです。

 

写真が残っていないのですが、他にもいくつか、廃団地には遭遇しています。

 

(廃じゃない団地もたっくさんあります。日立市人多いです。)

 

日製――日本生命ではなく、茨城の「ニッセイ」は日立製作所です――関係の工場が多いのが関係していると思われます。

 

そうはいっても区画整理や老朽化の余波を受け、廃業した団地が多いのです。

 

f:id:hiyapa:20170723155018j:image

 

これは、もう取り壊されているかもしれませんが、小木津(おぎつ)付近の廃団地です。

 

日立市って縦に長く、水戸から30分くらいのところから、高速で行かないと行けないようなところまで様々なのですが、一貫して坂道がうねっており、廃ログその1で紹介した尾道(http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2017/07/19/224728) を彷彿とさせるような地形をしています。

 

その中にきれいなオートロックマンションから、日製のオイルまみれの工場やら、団地街やら、なんと遊園地! まで、最新とノスタルジックがごちゃまぜになったとても趣ある場所なのです。

 

f:id:hiyapa:20170723155650j:image

 

f:id:hiyapa:20170723155707j:image

 

21時の、観覧車の灯が消えるその瞬間はなんとも切ないです。

 

からの、静寂と暗闇に包まれた空間をじっと見つめていると、斧や銃を持った着ぐるみのピンクうさぎが現れそうな気がしてなりません。

 

カオスな街、日立です。

 

 

*おまけ

 

小木津の近くにはトンネルというにはあまりに狭い、水路兼通路があります。

 

 

f:id:hiyapa:20170723180451j:image

 

歩行者と自転車はこの奥を水のざあざあいうなか、行き来できます。

 

 

f:id:hiyapa:20170723180546j:image

 

 

これこそ中でゾンビに襲われそうなムード満点です。夜道には気をつけましょう。

その4:県営釜神町アパート跡

 

*基本データ


場所:茨城県水戸市
行った日:2014.03.29~2017/07/16
廃墟になった日:不明
詳しく:水戸駅から銀杏坂を歩いて、京成百貨店を過ぎたら左折、道なりに歩いて坂を下るとある。近くに住んでいたことがあって、隙あらば行っていたため上記日付はアバウト。
 


*評価


怖さ:★☆☆☆☆
廃れさ:★★☆☆☆
入りやすさ:★★★☆☆
 


*あれこれ

 

水戸市に2年間住んでいましたが、茨城の廃墟の頻出度合いといったらそりゃもうとてつもないのです。

 

 

f:id:hiyapa:20170722164111j:image

 

 

駅からの道中です。地名の看板へしゃげてます。

 

引っ越して早々、散歩の果てに見つけたのがこの廃団地。

 

 

f:id:hiyapa:20170722164635j:image

 

正確には人が住んでいないのは丸で囲んだ手前の棟だけのようです。

 

ちなみにここの住所は備前町なので、釜神町というのは旧名でしょうか。

 

f:id:hiyapa:20170722164843j:image

 

暗い写真しかiPhoneに残っていませんが‥‥外観です。

 

実は、廃墟にも関わらずここ4年でも僅かな変化を遂げています。

 

f:id:hiyapa:20170722164945j:image

 

これは2014/03/29の写真。手前の棟です。

 

はじめて巡り会ったとき撮ったものです。

 

無造作に置いてある植木鉢に生活の香りを感じますね。

 

 

f:id:hiyapa:20170722165112j:image

 

しかし、この間(2017/07/16)ひやかしに行ったときの様子がこちらです。

 

逆アングルですが、部屋への入口になる階段への部分に板が打ちつけられていました。

 

 

f:id:hiyapa:20170722165256j:image

 

f:id:hiyapa:20170722165327j:image

 

廃墟は解体か立ち入り禁止の末路を辿ることが多いですが、廃墟ガールになるには管理の強弱の兼ね合いと常に駆け引きする必要がありますね。

 

f:id:hiyapa:20170722165545j:image

 

見上げたアングルです。

 

わたしはどちらかというと軍事廃墟より居住跡地のほうがそそられますので、身近にある廃団地は特に足を運びやすいジャンルといえます。

 

そうでなくとも団地って、決して広くはない空間でいかに暮らすか、ものがひしめき合う感じがとても好みです。

 

 

*おまけ

 

県庁所在地の駅前ですらこれです。

 

f:id:hiyapa:20170722181946j:image

 

地方の課題といっても良いでしょう(急に社会派)

その3:ウサギ島

 

*基本データ


場所:広島県竹原市(呉線忠海駅からフェリー)
行った日:2015/02/03
廃墟になった日:1955?
詳しく:休暇村があって職員が住んでいるため一応有人島。戦時中は国内唯一の毒ガス精製所だったため、島内に「毒ガス資料館」がある。毒ガス工場の機密を守るため一時期地図に載らない島だった。野生のウサギがわんさか(700羽)いるから夢っぽい女子やもふもふ好きにもおすすめ。
 


*評価


怖さ:★★★☆☆
廃れさ:★★★★☆
入りやすさ:★☆☆☆☆

 

 

*あれこれ

 

初・軍事廃墟です。

正式名称は大久野島(おおくのじま)ですが、ウサギの島としてまとめ記事などもあって、完全時代はウサ>毒ガスです。

 

f:id:hiyapa:20170721210110j:image

 

忠海(ただのうみ)駅の案内板にもウサギの絵が。

元はといえば毒ガスの実験でウサギを使っていたのが繁殖したみたいです。

 

(とはいえこのときはばっちりウサギ目的でお邪魔したので、廃墟の写真よりウサギが多いです。ミーハーでした)

 

f:id:hiyapa:20170721210355j:image

 

至るところにうじゃうじゃ湧いています。

野生なので触っちゃいけませんが、人馴れが激しくガツガツ来ます。

 

f:id:hiyapa:20170721210435j:image

 

宿泊施設である休暇村にエサが売っているので、人間=エサの認識がしっかり染み付いているのでしょうね。

 

とはいえ、休暇村のある辺り(わりと拓けたところ)のウサギより、山奥にいるウサギのほうが警戒心強めですぐ逃げてしまったので、野生の世界にも色々あるようでした。

 

f:id:hiyapa:20170721210706j:image

 

f:id:hiyapa:20170721210726j:image

 

学級裁判ウサギです。

 

ダンガンロンパ1・2 Reload
 

 

 

 

肝心の「毒ガス資料館」はそこまで大規模ではないですが、入館料100円くらいで入れます。

 

「地図に載ってない島」とは、なかなか中二心をくすぐられますね。

 

f:id:hiyapa:20170721210934j:image

 

アクセスは相当悪いです。島内も休暇村のシャトルバスで移動しましたし、フェリーも本数少なめ、わりと島も大きいので全部ちゃんと見ようとするとけっこうかかりそうです。

 

宿泊施設は休暇村しかなく、ここはホテルではなくて休暇「村」ですからそれなりの覚悟は必要です。(独断と偏見)

 

f:id:hiyapa:20170721211300j:image

 

f:id:hiyapa:20170721211309j:image

 

 

 ※ちなみにこの先何度かフェリー→軍事廃墟のパターンは出てきますが、まあ僻地です。

 

ただ、ウサギの蠢く軍事廃墟はここだけですし、背景を知っていると異様な雰囲気を味わうことができます。

 

 

*おまけ

 

廃墟と言うにはあまりに残酷ですが、こちらの建造物も素敵です。

人生で3度ほど見に行きましたが、何度でも立ち止まるべき場所だと思います。

 

f:id:hiyapa:20170721211652j:image

その2:住居跡【千葉県松戸市】

*基本データ
場所:千葉県松戸市(市川大野駅から歩ける)
行った日:2013/10/05
廃墟になった日:不明
詳しく:このへん


*評価
怖さ:★★☆☆☆
廃れさ:★★☆☆☆
入りやすさ:★★★★☆


*あれこれ
市川と松戸の市境を散歩していると、高台の住宅に紛れて突如現れる建物です。


外観を撮った写真がないので載せられず想像に欠けるかと思いますが、どう見ても高台の住居を造ろうとしていて、1階部分(車庫と玄関へ続く階段)まで建ててそのままになった廃墟です。
1階の車庫(ガレージはありません、車体をつっこめる窪みがあるのみ)には乗用車がしれっと停められています。どういう管理になっているのかは分かりません。


また、住居スペースへ続く階段はわたしが行ったときには封鎖されておらず、昇ることができました。
車庫の上にあたる場所です。



消火器、スコップ、誰が置いたか分かりませんが、まるで静物画のモデルもしくはジャケ写のようです。
『消火器のある廃墟の静物画』なんてタイトルですね。こんな油絵欲しいです。



奥まで歩くとこうなっています。基礎の鉄骨が見えます。



ファンタのある静物画です。



1階部分――車庫の奥にあたります――はますます陰気臭くて素晴らしい出来映えです。
この椅子に座って写真を撮ってもらえば、おそらくサブカル系アーティストのデビューシングルのジャケットになりますね。


*おまけ
高齢化のすすむ住宅地は廃墟も多いかと思います。が、小規模でもひとの暮らしていた跡がよく見られ、家と人の繋がりに思いを馳せる絶好のひとときになるでしょう。



もちろん押しても鳴りませんし、誰もお出になりません。

その1:尾道城

*基本データ

場所:広島県尾道市(尾道駅から歩ける)

行った日:2012/09/08

廃墟になった日:1990年代

詳しく:隣の福山市にかつてあった福山城天守という建物を模して造られた建造物。尾道城自体に歴史的背景はない。

 

*評価

怖さ:★★☆☆☆

廃れさ:★★★★☆

入りやすさ:☆☆☆☆☆

 

*あれこれ

記念すべき第1号廃墟は尾道城です。

iPhoneの画像の中でここが最も古いデータでした。

 

文学の街尾道、とても良いところです。志賀直哉が暗夜行路を書いた場所や、林芙美子の石碑があります。

 

駅についたらやはり見晴らしのいい千光寺公園を目指すわけですが、ここでロープウェーを使わずに歩いていくと、お目にかかれるのです。

 

f:id:hiyapa:20170719204715j:image

 

坂道の左手に突如現れます。

(画像がこれしか残っていないのでクオリティが最悪ですね‥‥) 

 

f:id:hiyapa:20170719204845j:image

 

「入りやすさ」ゼロで分かる通り、中には入れません。木々が生い茂っている他、門も閉まっていた気がします。

 

見つけた当時は「えっお城って廃墟になることあるの‥‥?? なんとか組合とかが管理して立派な文化財になるんじゃないの‥‥?? どういうこと‥‥?」と衝撃的でしたが、中身がないんじゃこうなるのも納得です。

 

中はなにがあったのでしょう‥‥。普通の家屋? 博物館?

坂の片側にあるのでこのアングルでしか見られませんが、千光寺公園へ行く際は足を止めること必至です。

 

そうでなくとも、尾道は入り組んだ古い家屋がたくさんあって、たいそうノスタルジックです。

 

f:id:hiyapa:20170719222827j:image

 

f:id:hiyapa:20170719222840j:image

 

すすんで迷い込んでしまいたくなるような魅力ある立地。

 

*おまけ

尾道駅前の通りにある段ボール群。いまあるか分かりませんがこれも廃墟‥‥?

 

f:id:hiyapa:20170719223831j:image

 

(ブログの書き方が分からない!)

廃ログについて

  

『廃墟少女』という漫画が好きです。

 

廃墟少女 (ARIAコミックス)

廃墟少女 (ARIAコミックス)

 

 

高校の頃から大好きな尚月地さんという方の描かれた、廃墟と少女(たまにおじさんが主人公だけど)の短編集。

 

廃墟少女って、確立されたジャンルなのです。

 

山ガール、 こじらせ女子に次いで来るのはきっと廃墟ガールです。

天下の講談社様から漫画が出ているくらいですから。美麗なイラスト、儚げな少女の表情、佇むがらくた‥‥

 

尚さんのファンブログではありません。

 

はじめまして。
もし、なんの気なしにどこかから経由してこのページにアクセスしてくださった方がいましたら、ありがとうございます。

 

『廃墟少女』も堪りませんが、廃墟が好きです。

会社員(♀)です。

もうガールの年ではありませんが、廃墟ガール、あってもいいと思います。

 

サブカル系の人間を名乗る女子は、軍艦島に足を運びますよね?

時の止まった空間に思いを馳せますよね?

それと同じです。もう片足廃墟ガールに浸かってます。

 

 心霊スポットとしての廃墟ではありません。昼間の青空の下の、神々しい姿を写真に撮ります。絵になります。顔が映らないようにして自分を撮れば、SNSのアイコンにうってつけです。

f:id:hiyapa:20170718221604p:image

f:id:hiyapa:20170718221610p:image

 

廃墟ガール、あってもいいと思います。

 

廃墟愛好家、廃墟探索家の世界は広く深く、きっと数々のコミュニティが存在することでしょう。

実際わたしも、廃墟ブログへオフ会のコンタクトを取ろうと考えたことは数知れず。

 

ただ、そういうのってちょっと勇気がいるし、男性の多いイメージです。山奥や田舎や管理のなされていないところに行くには、ある種のアクティビティを伴います。山登り? ドライブ? カメラ? そこをiPhoneカメラ構えて、ドクターマーチンで突入したい女子だっているはずなのです。(わたしです)

 

そんな廃墟ガールにむけて、指南いたします。

 

廃棄物ログではありません、業者じゃありません。

廃墟ガールのための、墟ブログです。

 

 

という名の自己満備忘録です。よろしくお願いします。