廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録/廃墟のススメ

その51:フランス山

 

 

*基本データ


場所:神奈川県横浜市(港の見える丘公園敷地内)
行った日:2017/12/10
廃墟になった日:1947年
詳しく:1863年6月~1875年3月までのフランス海兵隊駐屯地を経て、1894年にフランス領事館に。その後関東大震災にて倒壊するも1930年に再建、1947年に火事で消失。

 

 
*評価


怖さ:☆☆☆☆☆
廃れさ:★☆☆☆☆
入りやすさ:★★★★★

 

 
*あれこれ

 

横浜市中区、中華街赤レンガ倉庫で賑わう激戦区ですが、海沿いに港の見える丘公園というところがあります。

 

f:id:hiyapa:20171224212459j:image

 

高台からはこんな一望ができて、冷たい海風が頬を撫でるわけです。

 

橋や坂を歩き、バラ園やイギリス館なんかもあるのですが、廃墟ガール的オススメスポットとしてはやはりフランス山になります。

「きれ~い!!」と語彙力をゼロに近い状態にして広がる港と一緒にキメ顔を撮ったり、「かわいい~!!」と語彙力をゼロに近い状態にして咲き乱れるバラと一瞬にキメ顔を撮ったりするより、よっぽとフォトジェニックな写真がとれます。(冬はバラ咲いていませんでした)

 

f:id:hiyapa:20171224213548j:image

 

かつては2階もあり、風車も伴っていた建造物になります。こちらは玄関ポーチと玄関ホールです。

 

f:id:hiyapa:20171224213707j:image

 

柱があったところや当時の構造によって、床には様々な痕がついていました。この季節ならではの落ち葉と位置の高い陽の光が、暖かみのある場所にするのを手伝ってくれています。

この写真、右奥にご注目ください。寄ります。

 

f:id:hiyapa:20171224213950j:image

 

これはコレでしょうか。↓

 

 f:id:hiyapa:20171224214056j:image

 

隣の跡地が何に使われていたのかも気になるところです。

 

f:id:hiyapa:20171224214152j:image

 

玄関ホールは蔦だらけで、壁がぐるりと残っていることもあり、空間としてもできあがっている場所でした。この部屋のものか上の階からのものか、下水かなにかの管が蔦の中に紛れています。スチームパンク味も垣間見えます。

 

f:id:hiyapa:20171224214341j:image

 

縦が妙に長めの比率の窓枠、どんなガラス細工の施された窓がはまっていたのでしょう。玄関ホールということは、来客者の顔といっても差し支えないはずです。絢爛な扉やドアノブ、壁の隅に窓や調度品をたてる名ランプ、想像意欲をかきたてられます。

 

f:id:hiyapa:20171224214822j:image

 

実際ここで写真を撮りあいっこしている男女2人組もおりましたし――あとでおそろいのLINEのアイコン画像にでもするのでしょう―― 

 

f:id:hiyapa:20171224215124j:image

 

こういうところで写真を撮るより、

(別にこういうところを否定しているわけではありません。お紅茶素敵です。英国紳士と結婚したいです。執事喫茶も大好物です。あくまで廃墟ガールとしてのものの見方です。載せてないだけで結局こういうところで写真撮りまくっていますからね。)

 

f:id:hiyapa:20171224215357j:image

 

たいそうフォトジェニックではありませんでしょうか。

 

f:id:hiyapa:20171224215442j:image

 

そして、玄関ホールの裏手に回ってみますと、こんな景色が見えます。左手にご注目ください。寄ります。

 

f:id:hiyapa:20171224215720j:image

 

階段が‥‥あります‥‥。

ここが今回のモスト萌えポイントです。ここから2階にあがれたようです。5段しかない階段萌えです。これこそ「かわいい~!!」です。語彙力低くなります。自分の家に欲しいです。

 

f:id:hiyapa:20171224220033j:image

 

こういうところで写真を撮るより、

(別にこういうところ否定していません。甘味大好きです。生クリームは主食です。キャラメルと洋梨のチョコレートムースケーキ、二層になっていて味に変化があり終始ニヤニヤが止まりませんでした。だから執事喫茶も大好物です。いえ、執事喫茶が大好きなひとのブログではありません。廃墟ガールです。)

 

f:id:hiyapa:20171224220349j:image

 

たいそうフォトジェニックではありませんでしょうか。

 

f:id:hiyapa:20171224220613j:image

 

廃墟でもインスタバエ、狙えそうです。

 


*おまけ

 

横浜の旅はあとひとつ記事になるかならないかくらいの盛りだくさん具合でした。大収穫でした。

その49:割烹旅館入船跡地 - 廃墟ガールの廃ログ

その50:源豊行卸部 - 廃墟ガールの廃ログ

 

f:id:hiyapa:20171224221101j:image

 

f:id:hiyapa:20171224221118j:image

 

お供してくれた紫芋色の上着の友達に感謝です。

1枚目は合成ではありません。

joyeux Noël :)