廃墟ガールの廃ログ

廃墟探索の備忘録

その128:ホテルニュー鳴門【画像大量】

 

 

*基本データ

 

場所:徳島県鳴門市瀬戸町堂浦阿波井66(せとちょうどうのうらあわい)

行った日:2018/08/24

廃墟になった日:15年程前という情報もあるが正確な年数は不明

詳しく:鳴門スカイラインにひっそり佇む廃ホテル。

 

 

*評価

 

怖さ:★★☆☆☆

廃れさ:★★★★☆

入りやすさ:★★★★☆

 

 

*あれこれ

 

爆走四国探検編徳島県に移動しました。

 

f:id:hiyapa:20180914213603j:image

 

台風と共に在った初日にくらべ、2日目はこの通りです。(cf.初日→その127:なにかの枠組み【スカイレストニュー室戸を目指して】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20180914213709j:image


f:id:hiyapa:20180914213711j:image

 

よく晴れています。ちなみに、こちらも鳴門スカイラインという道をくねくね行ったところにあります。初日の室戸スカイラインしかり、スカイラインに廃墟あり、新しい法則を発見しました。廃墟の形状も似ています。だいたい、人気がなく、車が停めやすく、わりと近くまで行け、朽ち果て寸前です。(cf.スカイラインその40:パールセンター跡地【三ヶ根山スカイライン前編】 - 廃墟ガールの廃ログ&その41:プチホテル跡地【三ヶ根山スカイライン後編】 - 廃墟ガールの廃ログ&その119:【画像大量】日本歴史館+α【灼熱長野5/6】 - 廃墟ガールの廃ログ&その126:ひばりヶ丘ドライブイン【with富士山】 - 廃墟ガールの廃ログ)

 

f:id:hiyapa:20180914214734j:image


f:id:hiyapa:20180914214617j:image

 

そして、あろうことかこの日は双子コーデババアという企画をしていまして、お友達しあちゃんと色違いの双子ババアをやっておりました。遠く離れた旅行の地だからできることです。(cf.双子着物ババア→その66:旧鶴川座【川越浪漫散策1/3】 - 廃墟ガールの廃ログ)

いっちょまえにした観光モードのお写真もさることながら、よく晴れていて人目もなかったのでiPhoneがようカシャカシャと唸っておりました。データ通信量にはお気をつけください。以下写真続きます。


f:id:hiyapa:20180914214654j:image


f:id:hiyapa:20180914214630j:image

 

こちらの「ホテルニュー鳴門」、あの有名な鳴門の渦潮の少し先にございまして、やはり廃墟好きのみなさんの中では王道の場所とのことでした。ホテルとはいうものの2階建ての横長な建物が3棟あり、どちらかというとキャンプを楽しむ方への連絡所、ペンション、といった名付けのほうがしっくりくるような規模でした。いまなら民泊なんかがお似合いかもしれません。

本来であればこの日は「大菩薩峠」という、これまた有名な公式廃墟カフェ行こうとしておりましたけれど、四国なめてかかっていたため時間切れでございました。諦めて、ひとつずつ塊を見ていきましょう。

 

①トイレ


f:id:hiyapa:20180914214721j:image


f:id:hiyapa:20180914214737j:image


f:id:hiyapa:20180914214731j:image


f:id:hiyapa:20180914214623j:image


f:id:hiyapa:20180914214751j:image

 

‥‥なんと、トイレ前の噴水のような形はタワーオブテラー近くのトイレの構造とそっくりです。(cf.リンク貼りすぎじゃね→その37:ホテルハイタワー跡地 - 廃墟ガールの廃ログ)残念ながら壁が打ちつけてあり中に入ることは難しかったです。トイレ隣の釜のようなもののさびつきが気になります。

 


f:id:hiyapa:20180914214605j:image


f:id:hiyapa:20180914214607j:image


f:id:hiyapa:20180914214559j:image


f:id:hiyapa:20180914214727j:image


f:id:hiyapa:20180914214724j:image


f:id:hiyapa:20180914214648j:image


f:id:hiyapa:20180914214638j:image

 

‥‥これよこれ、まさにこれ、激しく首を縦に振ってしまうほどの「the」の様相が凄まじいです。わりとつくりは無機質というか事務的で、セミナーハウスのような宿泊場所にも思えてきます。抜け感というか透け感というか、こんなにも晴れ間の見渡せる建造物、なかなかありません。外れかかっていたり立てかかっていたり、刹那が汲み取れて身震いします。最高です。

 


f:id:hiyapa:20180914214718j:image


f:id:hiyapa:20180914214614j:image


f:id:hiyapa:20180914214636j:image


f:id:hiyapa:20180914214711j:image


f:id:hiyapa:20180914214657j:image


f:id:hiyapa:20180914214742j:image


f:id:hiyapa:20180914214641j:image


f:id:hiyapa:20180914214702j:image


f:id:hiyapa:20180914214610j:image


f:id:hiyapa:20180914214745j:image


f:id:hiyapa:20180914214633j:image

 

‥‥こちらは②と比べると人工的退廃が目立ちました。中まで侵入してしまったのであろう冒険者の遺したサイン、ゴミ類が多かったです。奥の水色タイルはトイレかお風呂でしょうか。各建物の大きさを考える限り各室にバストイレはなさそうですから、水周り系の集まる場所があってもおかしくありません。(cf.ここもバストイレなし→その117:深山荘【灼熱長野3/6】 - 廃墟ガールの廃ログ)最後の写真は波にうちあげられたヒトデのような椅子のひとかけらです。

 


f:id:hiyapa:20180914214709j:image


f:id:hiyapa:20180914214739j:image


f:id:hiyapa:20180914214626j:image


f:id:hiyapa:20180914214620j:image


f:id:hiyapa:20180914214602j:image


f:id:hiyapa:20180914214705j:image


f:id:hiyapa:20180914214748j:image


f:id:hiyapa:20180914214700j:image


f:id:hiyapa:20180914214715j:image


f:id:hiyapa:20180914214644j:image

 

‥‥お察しの通りここが1番素敵なバエスポットです。念のため申し上げますと写真たちは良くも悪くも無加工です。前日の台風が相まって、晴れが映りこむ、山と空、廃墟内の暗いと外の明るいが絵画的にフレームインします。外壁や柵は朽ちていてすぐ先が山肌なので危険です。今にも落ちそうな欠けそうな今はこの建物の一部分がいつ母体から切り離されてただのゴミと化すのか、水の流れのようにずっと眺めていたかったのですが、ツーリング中のライダーさんがおひとり、ずっとこの廃墟の奥に座ってらしたので、長居は辞めました。廃墟の中で自分探しとは乙なものです。ほぼ死した中に身を委ね生を見つける‥‥哲学ですね。


f:id:hiyapa:20180914214651j:image

 

観光したお写真やエピソードたちは次回以降出てくるかもしれません。前日が大台風で寝不足運転疲れエトセトラエトセトラで疲れきった中日でしたが、この子たちを見つけたちまち元気になりました。続きます。

 

 

*廃墟残

 

残りストック:3(!)

 

 

*おまけ

 

f:id:hiyapa:20180914211738j:image

 

まきますか・まきませんか

 

 

わたしが行ったときはまいていませんでした‥‥