廃墟ガールの廃ログ

廃墟散歩の備忘録

働きたくない

三百度目の正直【その300突破】

廃墟 廃ログ 廃墟ガール 廃墟ブログ 茨城の廃墟 千葉の廃墟 東京の廃墟 住居跡 軍事廃墟 廃団地 廃旅館 神奈川県の廃墟 炭鉱 栃木県の廃墟 廃墟じゃない 埼玉県の廃墟 居酒屋 冒険とイマジネーションの海 廃ホテル ホラー 落書き フォトジェニック 出オチ 店舗跡 廃ビル 煙草 廃倉庫 雨廃墟 廃線 働きたくない 超芸術トマソン 海辺 トーキョーマスター 灼熱 漫画 番外編 メモ 山梨県の廃墟 français 速度制限注意 画像が多すぎるので続きます 温泉 やっとこれで終わりです 嬉しい記事 画像が多すぎるので続き物でした 文章はともかく写真を見る あなたはこのブログのキャラクタ? 解体済 なぜか廃ログに投下される漫画のようなもの おはなしのくに 廃墟探偵 ブログバトン カメラ 聖地巡礼 江戸東京たてもの園 清里遠足 イメージは小学校の日帰り遠足 ゲスト メルヘン おみやげはぬいぐるみが一番ヨ! 黒ずくめじゃないほうがトーキョーマスター 脱出ゲーム キャデラックハウス 書ききれなくて裏面いくやつ プレオドールはその220にも出てくる 最終回じゃない 大人の事情 巨大機構 プチ冒険廃ログ 福岡県の廃墟 読めない 能古島 廃車 廃墟じゃないかもしれない スリバチ 暗渠 大阪府の廃墟 知育菓子 平屋 ガソリンスタンド 電話 お気に入り 貝殻 廃工場 クロアチアの廃墟 刑務所 字が汚い 画像小さすぎるのでは ゲームセンター 奥多摩寮 わざと しばらく更新あきます

100突破:ある廃墟ガールの廃ログからの脱出 - 廃墟ガールの廃ログ 200突破:百も二百も好きのうち【その200突破&廃ログ2周年なりました】 - 廃墟ガールの廃ログ 恒例の記念出オチでございます。もう2度とやりたくありません。手間すぎました。自主制作アニメ…

その292:【渋谷区代々木】

ご指摘いただき写真と本文は削除いたしました。 *あれこれ 新宿駅は渋谷区にもある、というのは有名な話で、千葉出身の廃墟ガールには少々ややこしい地それがトーキョーです。(cf.ややこしや→その36:千駄谷住宅跡地【渋谷区】 - 廃墟ガールの廃ログ) こちら…

番外編:十条駅西口【再開発】

再開発地域だそうです。廃墟とは言い難いでしょう。すこし思うことがあったので、カオスな神栖編を早々に中断し、チケット予約していた映画(Fateのことです)も公開延期になりますし、職場もぴりぴりしていますし、いろいろを原動力に書いただけの文章となり…

百も二百も好きのうち【その200突破&廃ログ2周年なりました】

本日をもちまして『廃墟ガールの廃ログ』が始まってから2年が終わりました。ほんとうにいろいろなご縁あってここまで続いているのだなとつくづく思います。いま画面越しにこの画像たちと文字列を読んでくださっているみなみなさま、ありがとうございますの限…

その132:笠間昭和館

ふだんはあんなに秒針よ進めと念を送っているくせに、金曜夜のタイムカードを通した瞬間、時計の支配下から解放される。早起きや残業の積み重ねが身体の節々にゆき届いていて、その浸透度といったら一週間の中では圧倒的優勝なのだが、なんだか眠くならない…

その130:ファッションホテル パステル

*基本データ 場所:徳島県三好市 行った日:2018/08/25 廃墟になった日:不明 詳しく:国道32号線、通称「阿波別街道」脇に建つホテル跡。ちなみにこの国道32号(かなり山道)沿いには現役のホテルが1軒ある。 ココ(ドコ) (cf.その104:【板橋区】住居跡?【画質が限…

その124:住居跡【東京都港区】

*基本データ 場所:東京都港区三田(JR線田町駅or都営三田線三田駅) 行った日:2018/08/11 廃墟になった日:不明 詳しく: ③ (cf.①→その122:メゾンド聖坂 - 廃墟ガールの廃ログ②→その123:三田東急アパートメント - 廃墟ガールの廃ログ) *評価 怖さ:★★☆☆☆ 廃れさ:★…

ある廃墟ガールの廃ログからの脱出

※追加:タテ9ヒント(06/11) ※追加:コメント欄にクロスワード後のヒントあり(6/12) 廃ログについて - 廃墟ガールの廃ログ こちらはとある「廃墟ガールの廃ログ」です。 いままで好き勝手に廃墟や空き家や跡地をiPhoneの雑なクオリティの写真とともにメモしていま…

その87:店舗跡? 【板橋区】

私たちは2日間のために生きている。 その前の5日間はただの修行期間に過ぎず、ひたすらに耐え忍ぶのみである。じっと息を殺してやり過ごした者にのみ、至福の48時間が訪れる―― ここに1枚の画用紙がある。 1日かけて、これを塗りつぶしていくのが私の仕事だ。…

その44:大衆割烹鉄平跡地【板橋区】

午後九時、日曜日。 マフラーに埋めた口から舌打ちが漏れた。右と左を一度ずつ見て、誰にも悟られぬよう、静かに飲みこむ。まばらな降車客には聞こえない距離だったようだ。私の品は保たれた。 ホーム両端に出口のある最寄り駅では、究極の二択を間違えるこ…